EDWARD GREEN

エドワードグリーン

ブランドのはじまり

1890年、エドワード・グリーンがイギリス、ノーサンプトンで靴ブランド「エドワードグリーン」を設立。

エドワードグリーンについて

エドワードグリーン(EDWARD GREEN)は、イギリスを代表するビスポークシューズブランド。

洗練されたブリティッシュテイストを妥協なき最高級の品質で体現。素材には最高級のカーフスキンが使用される。オリジナルで開発したブラウンのアンティーク加工の美しさが特徴。日本ではドーヴァー、チェルシーなどが人気モデル。多くのイギリスのビスポークブランドのようにグッドイヤーウェルト製法を採用しており、接地面がダブル、土踏まずがシングルのダブルソール(スペードソール)が多い。

創業者のエドワード・グリーンはブランドについて「“We are young enough to be conversant with present day ideas and needs, but old enough to apply the principles of shoe-making correctly”(現代のアイデアやニーズに精通するほどしなやかであるが、靴の本質は熟知している)」という言葉を残している。

エドワードグリーンの歴史は、1890年、エドワード・グリーンが3人の息子と共に、イギリスのノーサンプトンで靴の生産を始めたことに始まる。1970年代に一時、経営が傾くが、80年代、イタリアの靴デザイナー、ジョン・フルスティックがブランドを買収するかたちで継承。モダンなフォルムを取り戻し、靴の一躍トップブランドに返り咲く。以降、過去の伝統を大切にしつつ、ファミリービジネスで展開している。

また、エドワードグリーンは80年代以降、ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行い、ラルフ ローレンブルックスブラザーズとの靴、バーニーズ ニューヨークのために特注のシューズ、ハーディ エイミスとのコラボレーションシューズなどを発表してきた。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.edwardgreen.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エドワードグリーン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介