menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   シュウ ウエムラ

shu uemuraシュウ ウエムラ

シュウ ウエムラについて

1950年代、ハリウッドへ渡り、メイクアップ アーティストとしての活動をスタート。

パラマウント映画社の"My geisha"(マイゲイシャ)に参加したのをきっかけに、シュウ ウエムラの名がクローズアップされた。
アジア人の特徴を主演女優のシャーリー マクレーンの顔を生かして表現し、日本人の芸者顔を作るという困難な仕事を見事にやり遂げた。

以後数年にわたりシュウ ウエムラは、大スター、フランクシナトラ、俳優のエドワード G ロビンソン、他多くのハリウッド女優達からメイクアップアーティストとして指名を受け、様々な映画で活躍しました。

ハリウッドの舞台裏でシュウ ウエムラは現在のクレンジング オイルの原型となる「アンマスク」と出会う。

当時日本では、オイルでメイクを落として洗顔する手法が受け入れられにくい時代でしたが、シュウ ウエムラは製品の改良を重ねオイル洗顔の素晴らしさを訴え続けたのが理由で、今では"クレンジングオイルの父"と呼ばれるようになる。

1965年、シュウ ウエムラは日本で初めて、ハリウッド式のメイクアップアトリエを開設。
そこには、トータルなメイクアップテクニックを普及させるだけでなく、メイクアップそのものを純粋に楽しんでほしいという意図が込められた。表参道本店には現在もプロテクニックを一般の方に提供する「ラーニング アトリエ」が開かれている。

1968年、独自のメイクアップ提案として、コスメブランド「シュウ ウエムラ(shu uemura)」をスタート。「モードとはファッション以前のもやもやとした状態」と語る植村は、時に風刺的に、時に繊細に、メイクアップのあらゆる可能性を表現したメイクを生み出していった。

シュウ ウエムラのポリシーは「自然・科学・アート」の融合。このコンセプトを基に、シンプル&リッチな製品を作りあげている。

1983年、表参道に「シュウ ウエムラ ビューティブティック」1号店がオープン。

2007年、植村は急性肺炎のため死去、79歳だった。

現在はシュウ ウエムラ インターナショナル アーティスティック ディレクターを打出角康が務めている。

公式サイト

http://www.shuuemura.jp/

News - シュウ ウエムラのニュース

Shop - シュウ ウエムラの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - シュウ ウエムラの取り扱いショップ・店舗

シュウ ウエムラ取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

サンクトガーレンから「パイナップルエール」限定発売 - 泡までほんのり甘いパイナップル風味
4月25日(水)発売
サンクトガーレンから「パイナップルエール」限定発売 - 泡までほんのり甘いパイナップル風味
ベルギービールウィークエンド2018、全国6都市7箇所にて開催
4月25日(水)~9月24日(月)開催
ベルギービールウィークエンド2018、全国6都市7箇所にて開催
「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」千利休の茶室を原寸再現、ライゾマ新作映像など
4月25日(水)~9月17日(月)開催
「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」千利休の茶室を原寸再現、ライゾマ新作映像など
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る