Hender Scheme

エンダースキーマ

エンダースキーマについて

エンダースキーマ(Hender Scheme)は革靴からバック、名刺入れなど革小物などを展開する日本のブランド。ヌメ革を用いたスニーカーやブーツが人気。

デザイナーは柏崎亮(Ryo Kashiwazaki)。ブランド名は、心理学用語の"GenderSchema(ジェンダースキーマ)"からの造語で、Genderの頭文字の"G"を、アルファベット順で一つ超えた"H"にすることで、ブランドコンセプトである『ジェンダーを超える』という意味を表現している。

ブランドコンセプトは、社会的性差(gender)の分野に属する『デザイン』において、男女の性差にとらわれず、ジェンダーを超えて自由にデザインすること。そのため、すべてのデザインにおいて、メンズとレディースの両サイズを展開をしている。

一方、男女の骨格の差や筋肉の付き方などの生理的性差(sex)については尊重し、木型やカットの深さなどにおいて、メンズ・レディースで若干差をつけている。また、モードとクラフトのバランスを重視しバランスのとれたデザインも特徴。

2016年7月22日(金)、東京恵比寿に直営店「スキマ」をオープン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://henderscheme.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エンダースキーマ取り扱い店舗

Data - エンダースキーマの関連データ

用語: 木型 モード ブランド: HeM

ブランド・デザイナー紹介