MIKIO SAKABE

ミキオサカベ

ブランドのはじまり

ミキオ サカベが自身の名を冠したブランド「ミキオ サカベ」を設立。

ミキオサカベについて

ミキオサカベは、坂部三樹郎(MIKIO SAKABE)とシュエ・ジェンファンが設立したブランド。

坂部三樹郎は2002年にエスモードパリを卒業、その後、アントワープに渡りアントワープ王立美術アカデミーに入学。卒業時は主席で卒業し話題となった。シュエジェンファンは台湾生まれ。ラ・カランブル出身。

プロジェクトとして、ヴェロニク ブランキーノが携わった「+1 MAGAZINE」やウォルター・ヴァン・べイレンドンクのショップでアントワープに店舗を構える「ウォルター」での展示会などに参加した。現在でもウォルターではミキオサカベのコレクションを取り扱っている。

2007年パリコレクションに展示形式で参加。同年、2008S/S東京コレクションファッションウィークに行われたイベント、21_21デザインサイトで展示会「ヨーロッパで出会った新人たち」に参加。このコレクションでは日本のアニメ、マンガの要素を取り入れたコレクションを発表して話題となった。この企画にはリトゥンアフターワーズタロウ ホリウチアキラナカ(当時はポエジーというブランド名)なども参加した。

また、日本での活動を決めた背景としては「日本は歴史がない分、自由。日本から世界に羽ばたく新しいムーブメントを起こしたい」と話ている。その他「イメージするものを作りたい」プレスのインタビューで語っている。

2010年、ミキオサカベよりシュエ ジェン ファンが「ジェニー ファックス」を設立。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.mikiosakabe.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ミキオサカベ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介