GOYARD

ゴヤール

ブランドのはじまり

1853年、フランソワ・ゴヤールがトランクメーカーのモレル社の後継者となり、その後、名前をメゾン・ゴヤールに変更したことがブランドの始まり。

ゴヤールについて

ゴヤール(GOYARD)はフランスのバッグブランド。ハンドバッグやトートバッグを中心に財布、名刺入れなどのアクセサリーを展開。ヘリンボーン(杉綾模様)柄がトレードマーク。軽量で上質な「ゴヤール・キャンバス」や手縫いで編み込まれたレザーバッグが高く評価されている。

創業者のフランソワ・ゴヤール(Edme Goyard)は1828年フランスのブルゴーニュ地方で生まれる。ゴヤール家はフランス・ニヴェルネ地方で2世紀以上前から経営している水上筏の製作会社を経営していた。

1832年、フランソワの父、エドメがパリに移住しパリで最大のトランクメーカーであるモレル社に就職。1845年、フランソワも父に続いてモレル社に就職した。モレル社の経営者モレルは頭角を現していた会社のフランソワを後継経営者に指名。

1853年、モレルの死去に伴い、フランソワが会社を引き継ぎ、サントノレ通り233番地に「メゾン・ゴヤール」が誕生する。

1860年、フランソワに息子エドモンドが生まれる。エドモンが父親の後を継ぎ、彼は多くの革新をゴヤールにもたらす。エドモンは代々伝わる筏作りの技術を活かし、耐久性、耐水性に優れたキャンバス地を開発。これをトランクカバーにした。

1892年、3つの杉綾を併記しYのイニシャルを形作っているモチーフを開始。これは樹木を意味するシンボルとして描かれ、ゴヤール家と人類の歴史を表現しているという。現在でもゴヤールのトレードマークとなっている。

その後、エドモンドは事業を拡大モンテカルロ、ニューヨーク、フィラデルフィアにゴヤールブティックをオープンさせる。1900年にパリ万博では銀メダル、1906年ミラノ国際博、1908年ロンドンの英仏博では金メダルを獲得、その後も万博で賞を受賞、ゴヤールは国際的な知名度を上げいく。 顧客には英国王室、コナン・ドイル(シャーロックホームズの作家)、ロシア皇帝などが名を連ねる。

1923年、エドモンの息子、ロベールが家業を引き継ぐ。エドモンはその後、クリエイティブディレクターとしてゴヤールの発展に尽力する。1925年パリの装飾芸術博で名誉賞授与、1931年にはトランクに収納できるという画期的な旅行用デスクの発明で特許を取得。1979年、ロベールは死去。その後、息子フランソワ・エドモンがゴヤールを後継した。

1998年、ジャン・ミシェル・シニョールがゴヤールを買収。現在はシニョール家によって運営されている。 経営権がシニョール家に移った際、ゴヤールは新たにいくつものカラーバリエーションを発表した。

ゴヤールの製品は物持ちが良く、軽量で上質のキャンバス地を使用。また顧客のオーダーによりイニシャルをつけてくるサービスなど、顧客のニーズに合わせて特注品を生産することで有名。

現在はパリの本店の他にアメリカ、香港、日本など世界で約15弱の店舗を抱え、バーニーズ ニューヨーク、バーグドルフグッドマンなどの高級セレクトショップを中心に取り扱われており、日本では新宿伊勢丹、青山のラブレス、日本橋高島屋で販売されている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.goyard.fr/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ゴヤール取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介