Lancôme

ランコム

ブランドのはじまり

1935年、創始者アルマン・プティジャンによって設立。

ランコムについて

ランコム(Lancôme)は、フランスのラグジュアリーコスメブランド。フランス中部の美しい古城、ランコム城がブランド名の起源。エフォートレス フレンチ シックを掲げ、フランス流の美を提案している。

1935年、創始者アルマン・プティジャンが、5種類の香水(トロピーク、ボカージュ、キプル、タンドール ニュイ、コンケット)と数点のスキンケア製品を発表。同時に、自身のブランド「ランコム」を設立する。パリ フォーブルサントノレ通り29番地に初のブティックを開店。

ブランド創設当初は、バラをフレグランス、睡蓮をスキンケア、天使をメイクアップのエンブレムとして表示。

1942年、ランコムの美を伝える美容部員を育成する「エコール ランコム」を設立。
1950年、日本女性の着物姿にインスピレーションを得たフレグランス ボトルの「マジー」を発売。
1951年、ラプソリュ ルージュの原型となる口紅「クレ ド コケット」が誕生。
1967年、初の携帯マスカラ「ランコマティック」を発売。
1978年、ランコム日本上陸。
2000年、香水「ミ・ラ・ク」を発売。
2014年、初の日本人女性のためのマスカラ「イプノ ミニ マキシ」が登場。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.lancome.jp/brand/

Data - ランコムの関連データ

用語: フレグランス ラグジュアリー マキシ ブランド: フォート

ブランド・デザイナー紹介