Camille Fournet

カミーユ・フォルネ

ブランドのはじまり

1945年、元馬具職人のカミーユ・フォルネによって、パリにて創業。

カミーユ・フォルネについて

1945年、元馬具職人のカミーユ フォルネが、パリにて創業。カミーユ・フォルネは高級時計のベルトの制作としてスタート。エキゾチックレザーの質と仕上げ、フォルムの美しさで有名となる。

88年、業界で初めて皮革製の旅行用時計収納ケースとポシェットを発表。94年 時計ベルトをワンタッチで取替え可能にする「Habiller -アビエ-」を発表。

2001年、ポロサス・クロコダイル、ワイルド・フィニッシュ・アリゲーターを新素材として発表。2002年、アリゲータ・サテン・ファッションを新素材として発表。耐汗性に優れたアンチ・スウェットストラップを発表。

2003年、ガルーシャを新素材として発表。2005年、パイソンを新素材として発表。また同年、世界最小時計「フィンガーウォッチ」を発表。

2007年、レザーグッズのラインからバッグを発表。

現在は、時計のベルト以外に、バッグ、財布、名刺入れなどのアクセサリー関連も発表している。

カミーユ・フォルネの時計ベルトを採用しているブランドは、ダンヒルボーム&メルシエカルティエフランク ミュラーティファニーヴァン クリーフ&アーペルゼニスなどで、世界の一流時計メーカーで、カミーユ・フォルネのベルトを採用していないブランドを探すほうが難しいかもしれない。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.cfjapon.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

カミーユ・フォルネ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介