John Galliano

ジョン ガリアーノ

ブランドのはじまり

1985年、ジョン ガリアーノは自身の名を冠したブランドでロンドンコレクションデビュー。

ジョン ガリアーノについて

ジョン ガリアーノ(John Galliano)はイギリスのファッションブランド。メンズ及びウィメンズを展開。パリにてコレクションを発表している。

創業者はジョン ガリアーノ(John Galliano)。1960年、イギリスの植民地、ジブラルタル生まれ。本名はホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ。父親はジブラルタル出身でロンドンで配管工を営む。母親はスペイン人。6歳でジブラルタルから父の働いていたロンドンに移住。

ウィルソングラマースクールを卒業後、セントマーチンズのテキスタイル科入学(途中テキスタイル科からモード科に移籍)。84年、セントマーチンズのモード科を首席で卒業。卒業制作のコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」がロンドンのサウス・モルトン・ストリートのブティック「ブラウンズ」のショーウィンドウを飾り、好評を呼んだ。

これがきっかけで、ブティック「ブラウンズ」のジョーン・バーンスタイン(Joan Burstein)がガリアーノと5年契約を結ぶ。デビュー当初はジャケットをボトムに使った「さかさまの服」、ジャケットを逆さまにそして裏返しにしに着たデザインなど、アヴァンギャルドさが話題を集めた。

85年、ロンドンコレクションでデビュー。 当初はデリケートなバイアスカットのドレスと、オーダーメイド・スーツは高い評価を得た。

しかしその後は必ずしも順風満帆な出だしではなかった。投資者とデザインの問題でトラブルを起こしたり、あまりにも革新的過ぎて「売れない服」という烙印を押されたりした。当時、ファッションの主流はグランジファッションミニマリズムで、対して50年代風の華やかなスタイルとテーラードの技術(テーラリング)にこだわり続けたガリアーノの服は「売れる服」という意味では受けが悪かった。資金難でコレクションを開くことができなかったこともあるという。しかしその手法・創造力は高く評価されており、後にジバンシィのデザイナー抜擢に繋がることとなる。

89年、A/Wパリ・オートクチュール協会の招待でコレクションを発表。91年、パリ・コレクションの正式メンバーに加入。コレクションの発表の場をロンドンからパリに移す。

パリに移ってもロンドン同様に資金難で友人の家で寝泊りしながら、何度も断られながらも何度も投資家をまわり、資金の工面に走っていたと言う。また生地が買えず、作品数は17着、黒の生地のみなのですべてカラーは黒、モデルも有志で参加、といったコレクションもあった。このようにして何とか苦難を乗り越え、90年代半ばにいよいよ転機を迎えることになる。

95年 ジバンシィが1995-96A/Wオートクチュールコレクションを最後に自身のブランドを引退。後任として、ガリアーノが1996S/Sからジバンシィのデザイナーに大抜擢される。LVMHが大抜擢したのだが、この抜擢は始め大きな波紋を呼んだ。

96年、ジャンフランコ フェレの後を継いで、クリスチャン ディオールのデザイナーに就任。ガリアーノによるジバンシィは1996S/Sと1996A/Wシーズンの2回のみで、次期からはアレキサンダー・マックイーンにバトンタッチした。

1997S/S、オートクチュール・コレクションからディオールのデザイナーとしてデビュー。ガリアーノは現代版ニュールックを発表。胸を強調し、細いウエスト、スカートは現代風にミニになった。ちなみに、このときのテーマは「マサイ族」。97年、「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 (通算4度目の受賞だった。)

現在、ガリアーノの活躍もありディオールのプレタポルテ部門の売上げは驚異的に伸びている。

2011年2月24日、バーで酒に酔い、カップルに対して差別的な発言をしたため警察に一時拘束され、ブランド「クリスチャン ディオール」及び自身のブランド「ジョン ガリアーノ」を解雇される。

ブランド「ジョン ガリアーノ」の後任のクリエイティブ・ディレクターには、これまでブランドを支えてきたビル・ゲイテンが就任した。なお、創業デザイナーであるジョン・ガリアーノは2014年メゾン マルタン マルジェラのクリエイティブ・ディレクターに就任している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.johngalliano.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジョン ガリアーノ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介