fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

Maison Le Roux

メゾン・ルルー

メゾン・ルルーについて

メゾン・ルルー(Maison Le Roux)は、フランスのチョコレートブランド。フランス ブルターニュ地方キブロンを拠点とする。

メゾン・ルルーとは言えば、塩バター キャラメルが有名。今、パティシエたちがつくる“塩スイーツ”というジャンルを開拓した先駆者はアンリ・ルルーと言える。ほんのり塩味のバターキャラメルに、クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンドを加えて作りだす独特の食感はスイーツの新境地を切り開いた世界で唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)だ。

スイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエであることから“フランスショコラ界の父”と呼ばれ、フランスショコラの礎を築いた一人として創業者のアンリ・ルルーは、1990年に設立されたフランス国家最高職人(M.O.F)のショコラ部門の審査員も長年務めた。

メゾン・ルルーの沿革・歴史

創始者アンリ・ルルーは、フランス・ブルターニュ地方ポン・ラベのパティシエ一家に生まれた。当時、彼はショコラの先進国であったスイスで製法を学び、家業を継ぐ。その後、結婚して、妻の故郷であるブルターニュの海辺の街・キブロンに、1977年、自分の名を冠したお店「Le Roux(ルルー)」をオープンした。

ショコラとアイスクリームを主に提供していたが、地元の人に愛されるオリジナルの味を作ろうと、塩バターキャラメル(C.B.S.)を考案した。※C.B.S.は、Caramel au Beurre Salé(キャラメル・ブール・サレ)の頭文字。

それまで、フランスでは塩をスイーツに使う習慣がなかったため、甘さに塩を効かせた味がとても斬新で、パリでも評判になる。さらに雑誌『ELLE』や食のガイド誌『ゴー・ミヨ』には「国境を超える本当の美味しさ」と称えられ、世界で注目される存在になった。

その後、2代目ショコラティエ・エ・キャラメリエのジュリアン・グジアンがアンリ・ルルーを継承。彼は、1982年、アンリ・ルルーと同じフランス・ブルターニュ地方に生まれた。

ブルターニュのショコラトリーで経験を積んだ後、2004年8月、アンリ・ルルーに入社。2006年9月、それまでアンリ・ルルーのみが知っていたC.B.S.の製法を伝授される。そして2010年8月、創始者アンリ・ルルーは、有能な右腕でもあったジュリアン・グジアンに次代を託した。ちなみに二人の間には血縁関係はない。

アンリ・ルルーの精神を引き継いだジュリアン・グジアンが中心となって創り上げたタブレット“ユズマッチャ”が、2011年の「サロン・デュ・ショコラ(パリで開かれるショコラの祭典)」でイノベーション賞を獲得。フランスの権威あるショコラ愛好会C.C.C.からは、「アンリ・ルルー」として2012年より4年連続で最高位を受賞。2015年には、フランスにおける「欠かすことの出来ない」15名の最高ショコラティエの一人に選出される。

日本にも進出していたが、2019年に撤退。

2022年、リブランディングを経て日本に再上陸。フランス ブルターニュ地方キブロンを拠点に成長するため、アンリ・ルルーの名を「メゾン・ルルー」に改称し新スタートを切った。ブルターニュにこだわった製品作りを続けつつ、新たな要素を取り入れた商品を展開。シェフはダヴィッド・ヴェスマエルが務める。

2023年9月、メゾン・ルルー日本初の路面店が神戸三宮にオープン。世界初のティーサロン併設店舗となる。

公式サイト

https://www.chocolatleroux.eu/

Top Stories - メゾン・ルルーの新着情報

News - メゾン・ルルーのニュース

Shop - メゾン・ルルー 店舗・取り扱い場所

メゾン・ルルー 神戸店
兵庫県神戸市中央区三宮町2-8-1

Shop Search - メゾン・ルルー 店舗・取り扱い場所検索

メゾン・ルルー店舗・取り扱い場所一覧

関連用語

 その他のブランドを見る