JEAN-PAUL HÉVIN

ジャン=ポール・エヴァン

ブランドのはじまり

1988年にフランス・パリでジャン=ポール・エヴァンが創業。

ジャン=ポール・エヴァンについて

ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)は、フランス・パリのショコラトリー(チョコレート専門店)兼パティスリー(ケーキ類などの総称)ブランド。素材や味へのこだわり、独創的で遊び心あふれる感性、確かな技術から生まれるショコラで人気を博す。

1975年のホテル インターコンチネンタルで、ジャン=ポール・エヴァンはパティシエとしてキャリアをスタート。

1976年から1988年まで、ホテル・ニッコー・ド・パリにおいて、ジョエル・ロブションの下で修行を重ねた。その後、フランスの有名パティスリー「ペルティエ」東京店にて、1年半ほどシェフ パティシエを務める。

1986年には、フランスでMOF(最優秀職人章/日本の人間国宝にあたる章)を受章。

1988年にフランス・パリにて、ジャン=ポール・エヴァンを創業。

2002年に日本に初出店し、日本の高級チョコレートブームの火付け役として注目を浴びた。フランスのショコラ愛好家クラブ「Club des Croqueurs de Chocolat」から、ショコラティエ最高評価となる5タブレットに幾度も選ばれ、名実ともにトップショコラティエとして知られる。

毎年自らカカオ産地を訪れ、ショコラの原料となるカカオを選定。品質だけでなく、土壌や風土、カカオ栽培が行われている労働環境や衛生面などにもこだわりぬき、美しく繊細なショコラを作り出す。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.jph-japon.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジャン=ポール・エヴァン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介