menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   アンリ・シャルパンティエ

Henri Charpentierアンリ・シャルパンティエ

ブランドのはじまり

1969年、兵庫県・芦屋で「アンリ・シャルパンティエ」創業。

アンリ・シャルパンティエについて

アンリ・シャルパンティエ(Henri Charpentier)は神戸発洋菓子ブランド。C3(シーキューブ)も展開するシュゼットが展開している。

1969年、兵庫県・芦屋にアンリ・シャルパンティエが誕生。創業当時は、デザートが食べられる喫茶店としてスタート。デザート「クレープ・シュゼット」は創業期から提供し続ける看板メニュー。
薄く焼いたクレープを、銅製の鍋に入れ、バター、オレンジ果汁、リキュールを注ぐと青い炎が立ち上がる。このパフォーマンスを喜ぶ顧客を見たことが創業のきっかけとなった。以降、現在に至るまで、カフェでは、テーブルの前で、顧客の目の前でフランベして提供する。

キャンドルがブランドのトレードマーク。お菓子から生まれる笑顔を象徴している。

「クレープ・シュゼット」のほか、色鮮やかなフルーツを使った夏の定番「テリーヌ・ドゥ・フリュイ」、バターやアーモンドの品種に拘った「フィナンシェ」も人気。

公式サイト

http://www.henri-charpentier.com/

News - アンリ・シャルパンティエのニュース

Shop - アンリ・シャルパンティエの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - アンリ・シャルパンティエの取り扱いショップ・店舗検索

アンリ・シャルパンティエ取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る