Q-pot.

キューポット

ブランドのはじまり

2002年、ワカマツタダアキがアクセサリーブランド「Q-pot.(キューポット)」をスタート。

キューポットについて

Q-pot.(キューポット)は、デザイナー ワカマツタダアキが手掛ける日本のアクセサリーブランド。

ブランドコンセプトは「人と人とをつなぐ コミュニケーションツールとしてのアクセサリー」。身に着けている人も、それを見る人も楽しくなるようなポジティブアクセサリーを創ることを目指している。オリジナリティー溢れる作品ラインナップで、日本中に"スイーツ"文化を広げている。

ブランド名の「Q-pot.(キューポット)」は、“何が飛び出すかわからない謎の壷”という意。

■デザイナープロフィール
ワカマツタダアキ
1977年、東京都生まれ。
1995年、第10回メンズノンノ専属モデルを経て、アクセサリーデザイナー勢馬一正に師事。
2000年、株式会社グラムの工房で、後にQ-pot.となる作品を創作。
2002年、アクセサリーブランドQ-pot.をスタート。
2007年、2008年、パリの合同展示会「プルミエールクラス」に出展。チョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ」にも出展し、これが海外飛躍のきっかけになった。
2008年、伊勢丹新宿本店ショーウィンドウ「Sweet&Dreamy Christmas Story」を手がける。
2009年、パリ・ファッション合同展示会“TRANOI”を3月と10月の2シーズンに渡ってプロデュースを任され、メイン会場の外装デコレーションをはじめ、入場パスやバッグもデザインし、話題となった。
同年、国立新美術館/SFTギャラリーで「Q-pot. Sweet Story展」を開催。
同年、「docomo STYLE series SH-04B」とコラボレーションし、デザインを手がける。2011年にはメルセデス・ベンツのマイクロコンパクトカー"smart"の内外装もデザインするなど、コラボレーションにも積極的に参加している。
2010年、ハワイにQ-pot.アラモアナセンター店をオープンし海外進出。
2012年9月には表参道にカフェもオープンする予定。
2012年現在、Q-pot.原宿本店をはじめ、日本全国に14店舗の直営店を展開。

現在、広告や映像プロデュース、ファッションブランドやアーティストとのコラボレーション等、アクセサリーの枠を超えた多岐にわたる活動を展開中。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.q-pot.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

キューポット取り扱い店舗

Data - キューポットの関連データ

用語: ベンツ

ブランド・デザイナー紹介