Häagen-Dazs

ハーゲンダッツ

ブランドのはじまり

創始者ルーベン・マタス(Reuben Mattus)によって、1961年にアメリカで誕生。

ハーゲンダッツについて

ハーゲンダッツは、ルーベン・マタス(Reuben Mattus)がスタートしたアイスクリームメーカー。

名前の「ハーゲンダッツ」は、ルーベンによる造語で、高品質なミルクをイメージさせる北欧の都市"コペンハーゲン"と、それに響きのあう"ダッツ"という言葉を組み合せたもの。なお、"ダッツ"に意味はない。

ルーベン・マタスは、ニューヨークで荷馬車のアイスクリーム店を経営する、母親のもとに生まれた。

1930年代から50年代までは家族での経営が続いたが、1961年、ルーベンは妻のローズとともに、新会社を設立することを決意。ハーゲンダッツ社が誕生した。

アイスクリームのフレーバーは、バニラ、チョコレート、コーヒーの3種類からスタート。

1976年、ルーベンの娘ドリスによって、ハーゲンダッツの第一号店がオープン。

1983年、米ピルスベリー社にブランドを売却。世界50カ国に展開するグローバルブランドに成長した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.haagen-dazs.co.jp/

Data - ハーゲンダッツの関連データ

用語: ヨーク ブランド: ミルク

ブランド・デザイナー紹介