soe

ソーイ

ブランドのはじまり

2001年秋冬シーズンより伊藤壮一郎がブランド「soe(ソーイ)」をスタート。

ソーイについて

「soe(ソーイ)」は日本のファッションブランド。

創業者は、伊藤壮一郎(Soichiro Ito)。1977年、東京に生まれる。ロンドン留学後、98年に帰国。青山学院大学に入学。在学時から服作りを始める。

2001年秋冬シーズンよりメンズウェアブランド「soe(ソーイ)」をスタート。2004年秋冬より東京コレクションにデビュー。

2005年9月中目黒に初の旗艦路面店をオープン。2008年、ショップを目黒区青葉台(最寄駅は中目黒と池尻大橋)に移転オープン。白を貴重とした開放的な空間が特徴的。2008年秋冬よりシャツのライン「soe shirts」をスタート。

2013年、旗艦店「soe TOKYO(ソーイ トウキョウ)」が、セレクトショップ「M.I.U.(エム アイ ユー)」に名前を変えリニューアルオープン。オープンに際して、ファセッタズムのデザイナー落合宏理の名を冠したプライベートブランド「ヒロミチオチアイ」も取り扱った。

2015-2016秋冬よりパリ メンズコレクションに出展。

2016年秋冬シーズンより初めて女性のためのワードローブを提案。ブランド「soe WOMEN(ソーイ ウィメン)」がデビュー。コンセプトは下記のように説明されている。「今まで見てきた、街角、映画に佇む女性の、何気無い日常着の記憶の断片から、soe WOMENは生まれています。凛とした佇まいであること。シックであること。soeが提案する女性のためのワードローブです。」。

これまで、ニューエラエド ロバート ジャドソンなどとコラボレーションにてアイテムを発表してきている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.soe-tokyo.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ソーイ取り扱い店舗

ソーイ シャツ取り扱い店舗

Data - ソーイの関連データ

用語: ワードローブ ブランド: エド ロバート ジャドソン ニューエラ ファセッタズム

ブランド・デザイナー紹介