Mary Quant

マリークヮント

ブランドのはじまり

1955年、マリー・クヮントがアレキサンダー・ブランケット(後の夫)とその友人の3人で共同し、ロンドンのキングズ・ロードにブティック「バザー:BAZAAR」を開店。

マリークヮントについて

マリー・クヮント(Mary Quant)は1934年、イギリスのブラックヒースに生まれる。16歳の時、ロンドンの美術学校、ゴールド・スミス・カレッジの絵画科に進学。在学中に、後の夫で最大の支援者になるアレキサンダー・ブランケット・グリーンと出会う。

美術学校の教員資格試験に失敗。ロンドンの帽子店に就職。55年、クヮント、アレキサンダー・ブランケットとその友人の3人で共同し、ロンドンのキングズ・ロードにブティック「バザー:BAZAAR」を開店。57年、「バザー」2号店を同じくロンドンのナイトブリッツにオープン。この年、アレキサンダー・ブランケット・グリーンと結婚。

1959年、画期的なミニスカートを発表。これがストリートを中心に人気となり、後に世界中でブームとなるきっかけを作る。1965年、ミニスカートはハイファッションの世界では、フランスのデザイナー、クレージュにより初めて取り上げられた。ハイファッションでも紹介され、世界中でミニスカートブームが起きる。

62年、洋服・下着のデザインでアメリカのJCペニーとライセンス契約を結び、アメリカ市場へ進出。アメリカ以外にも世界中からデザインの依頼が殺到する。63年には、GIMEGER GROUPを設立し、マリーのデザインによる洋服製造、卸業を世界的規模で展開。66年、「マリー クヮント・コスメティックス」を発表し化粧品に進出。同年、自伝「クヮント・バイ・クヮント」を発表、また世界での活躍(外貨獲得の功績)を称え、ビートルズとともに、エリザベス女王から第4等英国勲章を受章している。70年にはインテリアとテキスタイルのデザインも始める。

ミニスカート、カラー・タイツ、ヒップ・ボーン、スキニー・パンツ、ロング・ブーツなど、さまざまな新しいファッションを生みだし、世界で影響力の高いデザイナーの一人となった。BIBAオジー クラークなどとともに、60年代、スウィンギング・ロンドンを代表するブランドとなった。

執筆活動も積極的に行い、コスメ、カラー、自伝とマルチに活躍している。

72年に、前年に日本で化粧品の販売をスタートしたこともあり、初来日をしている。なお日本では83年に「マリークヮントコレクション」としてレオタード、タイツ、ソックスなどの販売が開始された。日本では服よりも化粧品のブランドとして人気が広まる。

現在は、インナーウェア、靴下、帽子、インテリア小物から、コスメティックスまで、あらゆる分野の商品を手がけ、ビジネスとして大成功している。特に、化粧品では、「ノン・ルール・メイキャップ」(好きなときに好きな色を使って化粧する)というキャンペーンを打ち出し、120色のアイカラー、101色のリップカラー、99色のネイルカラーを展開するなどバリエーションがとても豊富で人気がある。

2015年より姉妹ブランド「マリークヮント スタジオ(MARY QUANT STUDIO)」がスタート。「自由に、自分らしく。」というテーマとともに、若い世代に向けて、シンプルで使い心地のよいメークアップアイテムを提案している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.maryquant.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

マリークヮント取り扱い店舗

Data - マリークヮントの関連データ

用語: テキスタイル モッズ スウィンギング・ロンドン リブ ブランド: BIBA オジー クラーク クレージュ

ブランド・デザイナー紹介