TARO HORIUCHI

タロウ ホリウチ

ブランドのはじまり

2009年、タロウ ホリウチが自身の名を冠したブランド「タロウ ホリウチ」を設立。

タロウ ホリウチについて

タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)は日本のファッションブランド。常に丁寧で、繊細かつ上質な素材を追求。一過性のインパクトに頼らない独自のデザインのもと、様々な作品を作り出している。

堀内太郎(Taro Horiuchi)は1982年、東京生まれ。15歳でイギリスに渡る。ロンドンのキングストン大学で写真を専攻。その後、服飾科に進む。

2003年にアントワープ王立美術アカデミーに入学。ITSでディーゼル賞を受賞し、ディーゼルとのカプセルコレクションを発表。2007年、同校を主席で卒業(アントワープの王立芸術アカデミーはミキオサカベに続き、2年連続で日本人が主席で卒業した)。卒業後に日本に帰国したが、一説ではディオール オムの誘いを断って帰国したと言われている。

2007年、2008S/S東京コレクションファッションウィークに行われたイベント、21_21デザインサイトの展示会「ヨーロッパで出会った新人達」に参加。アントワープ王立芸術アカデミーの卒業コレクションをベースに発表した。

なおこの企画では、後に日本ファッションウィークで活躍する、ミキオサカベ、リトゥンアフターワーズアキラナカ(当時はポエジーというブランド名)なども参加した。

その後2008年にフランスに渡り、オリヴィエ ティスケンス率いるニナ リッチのデザインチームで働いた。

2009年、自身のブランドにてデビューコレクションを開催する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.tarohoriuchi.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

タロウ ホリウチ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介