wjk

ダブルジェイケイ

ブランドのはじまり

2004年、渋谷区恵比寿にショールーム「wjk」としてスタート。

ダブルジェイケイについて

「wjk(ダブルジェイケイ)」は日本のファッションブランド。

ブランド名の「wjk」はには意味がなく、好きなアルファベットを適当に並べたものである。それは、ブランド名からイメージを決められたくないと考えたため。あくまでも、「wjk」が創った「もの」をきちんと見てほしいという気持ちから。「良い物は変わらない」という事実と、「残る物は本物」という2つの事実を通し「不変」という物を表現する。

2004年に橋本淳が「wjk(ダブルジェイケイ)」をスタート。橋本はセレクトショップのバイヤーを経て、カルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー「マウリッツォ アルティエリ」に共感し、単身でイタリアに渡りマウリッツォと共に活動する。 そこで得た経験を活かす為、帰国し「wjk」を立ち上げる。

2005年秋冬シーズンには、レディースウェアを発表。2006年春夏、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。2007春夏よりwjkのレディースライン「WJKW(ダブルジェイケイダブル)」をスタート。2008年、橋本淳が「方向性の違い」を理由に離脱(橋本淳は後にジュンハシモトをスタート)。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.wjk.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ダブルジェイケイ取り扱い店舗

Data - ダブルジェイケイの関連データ

用語: ラグジュアリー ブランド: AKM WJKW カルペ ディエム ジュンハシモト

ブランド・デザイナー紹介