SOMARTA

ソマルタ

ブランドのはじまり

2006年、廣川玉枝が「ソマルタ」をスタート。

ソマルタについて

ソマルタ(SOMARTA)は日本のファッションブランド。

デザイナーは廣川玉枝(Tamae Hirokawa)は1976年神奈川生まれ。文化服装学院アパレルデザイン化に入学。98年、卒業後、イッセイ ミヤケに入社し、ニットデザインを中心に活躍。

2006年、独立してソマデザイン(SOMA DESIGN)社、ファッションブランドの「ソマルタ(SOMARTA)」を立ち上げる。

※ソマデザインは、ファッション、プロダクト、サウンド、グラフィックなど、幅広い分野で活動を展開している。

ソマルタの特徴はイッセイ ミヤケで8年間経験をつんだニット。無縫製、加工などのさまざまなニットをベースに、ファーやレース刺繍、鈴、クリスタルを装飾として使用、幻想的なイメージを作り出す。ソマルタの「フェミニンさ」あるいは「強さ」がある中に独特の「美しさ」を持つコレクション。日本の伝統、着物などを取り入れたデザインも展開している。コレクションは「ストーリーを作り、服、音楽、映像などを加えて初めてソマルタの服が完成する」と廣川は言う。

2007S/Sコレクションにてコレクションデビュー。 "身体における衣服の可能性" をコンセプトにした無縫製のニットのタイツ「スキンシリーズ」で話題となる。2007年、第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。

2010S/Sシーズンコレクションでは花びらを1枚1枚の丁寧につなぎ合わせた全て手編みで作ったというニットの帽子やスカートが登場。なお、ソマデザインからアクセサリーラインが登場。ブランド名は「アルマタイン」で、「気品を表すAR(O)MAと手仕事の鎖編を表すARM(URE)宵に花開く(VESPER)TINE」を意味している。

2014年、国内外初の単独展覧会「廣川玉枝展 身体の系譜 ~Creation of SOMARTA~」を開催。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.somarta.jp/

Data - ソマルタの関連データ

用語: レース フェミニン 文化服装学院 ブランド: イッセイ ミヤケ 資生堂

ブランド・デザイナー紹介