AKIRA NAKA

アキラナカ

ブランドのはじまり

2007年「POESIE」をスタート。後にアキラナカに改名。

アキラナカについて

中章(AKIRA NAKA)。アメリカ滞在中にテーラーと出会いデザインを始める。

アントワープ王立芸術アカデミーに入学。イェール国際フェスティバルに出品するために同校を中退。その際、同校の教授でもあるウォルター ヴァン ベイレンドンクの引き留められるも、最終的にはみずからの道を進むことを決意。

イェール国際フェスティバル終了後、アントワープにてニットデザイナーに師事。

2006年に帰国。2007年「POESIE」をスタート。

2008S/S東京コレクションファッションウィークに行われた企画である、21_21デザインサイトで展示会「ヨーロッパで出会った新人たち」に参加。このイベントにはミキオサカベリトゥンアフターワーズなども参加した。

2008年、ブランド名を「AKIRA NAKA」に改名。2009年、メンズウェアブランド「VKhUTES(ヴクテス)」を立ち上げる。ブランド名のインスピレーションは20世紀初頭にあったロシアの芸術学校「Vkhutemas」から。

中章自身がオリジナルで開発した「グラデーションニット」が有名。これは素材がグラデーションのように変わるニットでこれは2つの素材を繋ぎ合せて作られるもので、高い技術を必要とする。

グラデーションニット有名ではあるが、毎シーズンのコレクションで登場するわけではなく、素材としての1つの選択といった印象を受ける。コレクションでは「女性像の表現」を取り上げている。特定の女性をテーマにすることもあり、2009S/Sにはロシア構成主義(コントラクティビスト)の芸術家アレクサンドル・ロトチェンコの妻であり、自身も芸術家であったバーバラ・ステパーノヴァにフォーカスしたコレクションを発表した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://akiranaka.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アキラナカ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介