menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   サポートサーフェス

support surfaceサポートサーフェス

ブランドのはじまり

1999年、研壁宣男が、「サポートサーフェス」を設立。

サポートサーフェスについて

サポートサーフェスはデザイナー研壁宣男が手掛ける日本のファッションブランド。サポートサーフェスが追求するのは、袖を通すことによってその品質の良さを感じることができ、衣服を着た女性の表情や立ち居、振る舞いをより美しく見せる衣服をつくりだす事。

コレクションのほとんどは立体裁断から行い、ボディにまとわせた布に向き合いながらデザインを追及。機能性と着心地、着る女性を主体に考え個性が映えるようバランスをとっている。

【デザイナープロフィール】

研壁宣男(Norio Surikabe)。桑沢デザイン研究所卒業。1988年、イタリアに渡る。90年からロメオ ジリのアシスタントデザイナーに就任。92年から、10コルソコモやNN STUDIOのチーフデザイナーをなどを経験。その後、フリーランスのデザイナーを経て、97年にイタリアに渡る。

イタリアでは、アルベルト・ビアーニ(AB ALBERTO BIANI)、トラサルディ(TRUSSARDI COLLECTION)、INCOTEX等のデザインを手がける。

99年、サポートサーフェスをスタート。(プロジェクトのような形式で始まった)

2003年、桑沢賞を受賞。

2006年東京コレクションに初めて参加。以後、東京コレクションにてサポートサーフェスのコレクション発表を行っている。

公式サイト

http://www.supportsurface.jp/

Collections - サポートサーフェスのコレクション

News - サポートサーフェスのニュース

Shop - サポートサーフェスの取り扱いショップ・店舗

関東

北陸甲信越

東海

近畿

四国

九州

Shop Search - サポートサーフェスの取り扱いショップ・店舗検索

サポートサーフェス取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

Shop snap

Shop item

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る