Trovata

トロヴァータ

ブランドのはじまり

2002年、大学で知り合った4人組が「トロヴァータ」を設立。アメリカのカリフォルニアを拠点に置くブランド。

トロヴァータについて

トロヴァータの特徴は、ヴィンテージから影響を受け、トラディショナルなスタイルとストリートの要素を組み合わせたところにあり、プレッピーをベースにしている。ポロシャツが人気のアイテム。プレッピースタイルに西海岸のサーフテイストをミックスしているため、ニュープレッピーとも表現される。(プレッピーとはアイビールックをより若々しく着くずしたスタイル)

旅などを通して、文化、アート、音楽、デザイン、文学などさまざまな分野インスピレーションを受け、うまく融合させることをコンセプトに置いている。ファッションデザインの細かい技術と言うよりは、より豊かなライフスタイルを提案していくタイプのブランド(タイプは異なるがラルフ ローレントム ブラウンもライフスタイル型にカテゴライズされる)

トロヴァータ(TROVATA)とは、「to ride on vision: art, theory, amusement」の略で、日本語に訳すと「芸術、理論、エンターテイメントのビジョンを持って(創作する)」といったところか。2002年、ロサンゼルスのプールトレイド賞TOP5ブランドに選ばれる。トロヴァータはメンズファッションからブランドをスタートしたが、すぐにヒットし、バーニーズ ニューヨークなどで販売された。2005A/Wニューヨークコレクションでランウェイデビューをはたす。2005年には、CFDA/ヴォーグ・ファッション・ファンド・アワードで優勝。(この年は、デレク ラム、トム ブラウンもノミネートを受けていた)

ブランドを設立したのは、4人で、ヘッドデザイナーがジョン・ウィッドレッジ(John Whitledge)、ヘッドセールスマンのジェフ・ハルモス(Jeff Halmos)、アートディレクターのサム・シプリー(Sam Shipley)、マーケティングディレクター&コピーライターのジョサイア・ランベルト・イーガン(Josia Lamberto-Egan)と役割が決まっている。4人は大学で知り合った友達で、全員がサーファー。また、誰も正規のファッション教育は受けていない。

2006年にジョサイア・ランベルト・イーガンがブランドから脱退した。またその後、サム・シプリーとジェフ・ハルモスも脱退して両者はシプリー&ハルモスを設立。

現在は、ジョン・ウィッドレッジがブランドのクリエイティブディレクターとしてデザイン及び管理を行っている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.trovata.com/

ブランド・デザイナー紹介