Paul Stuart

ポール スチュアート

ブランドのはじまり

1938年、ニューヨークで創業。

ポール スチュアートについて

1938年、ニューヨークのマディソン・アヴェニューにて、アイビーリーグ出身者を対象とした紳士服専門ショップとしてオープン。

ブランド名「ポール スチュアート」の店名は、創業者のラルフ・オストロフの長男ポール スチュアート・オストロフの名前が由来。

「ポール スチュアート」は、言わばすべての商品にストアネームをつけて展開するセレクトショップと言えるが、ポール スチュアート独自の視点で、世界各国のクリエーター、メーカーにオーダーして、セレクトした商品展開で、独自のスタイルを確立している。

52年、ラルフ・オストロフの娘婿クリフォード・グロッドが共同経営者に就任。

イギリスやイタリアなど世界中から選りすぐった商品を、ブリティッシュの伝統とニューヨークの現代感覚でアレンジした「クラシック・コンテンポラリー」スタイルで提案。

その後、婦人服の展開をスタート。

1978年、ポール スチュアート・ジャパンが設立され日本での展開をスタート。81年、青山店と銀座店、89年、神戸店をオープン。

[ 続きを読む ]

Data - ポール スチュアートの関連データ

用語: アイビー クラシック コンテンポラリー ヨーク

ブランド・デザイナー紹介