DIANE von FURSTENBERG

ダイアン フォン ファステンバーグ

ブランドのはじまり

1970年、ダイアン フォン ファステンバーグがレディースウェアのデザインを開始。

ダイアン フォン ファステンバーグについて

ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG)はアメリカのファッションブランド。シグニチャーはラップドレスだが、それ以外にも、ワンピース、リゾートウェアなども人気。またシックなタイプのコレクションを発表するなど、さまざまな試みを行っている。

創業者でざいなーのダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE von FURSTENBERG , DvF)は、1947年、ベルギー生まれ。ユダヤ人家系で彼女が生まれる前、母はアウシュビッツの強制収容所にいたという。スイスのジュネーブ大学で経済学を専攻。1969年、大学時代に知り合ったドイツの皇族の流れを組むイーゴン・フォン・ファーステンバーグ公爵と結婚。結婚後、アメリカに渡る。

1970年、3万ドルの資本のもとにレディースウェアのデザインを開始。この背景にはニット工場とプリント工場を抱えるイタリア人の友人の協力があり、素材などの調達ができたことかある。ファッションデザイナーになろうと考えたきっかけは、「自分は財産豊富な公爵の妻でしかなく、その地位に甘んじているだけなので、自分で独立して何かを築きあげたかった」と語っている。当事は2人の子供の子育てをしながらファッションデザインをスタートし、とても忙しい生活を送っていた。

ダイアン フォン ファステンバーグのファッションの中心にあるものは、機能性(着心地の良さ)、フェミニン、鮮やかできれいなプリント使い、女性らしいラインで、ワンピース、そして73年に登場するラップドレスがコレクションの中心となる。彼女のファッションはヴォーグ誌の目に留まり一気に道が開ける。

73年、幾何学模様をしたラップドレスを発表。これがニューヨークを中心に大当たり、一世を風靡したとなり、計500万着売れる結果となる。まさに社会現象だった。これは女性のファッションに大きな影響を与えるもので、自由な女性の象徴、快楽主義と言われた。ニーズウィーク誌、ウォールストリートジャーナル誌の表紙を飾りった。またメトロポリタン美術館にも展示されている。その後、ブランドのラインナップを香水、サングラス、スポーツウェア、毛皮、ラウンジウェア、コート、バッグ、セーター、壁紙、家具と増やしていく。

70年代後半、シグネチャーラインを停止。この時期のダイアン フォン ファステンバーグのファッションの商品はライセンスが中心となる。80年年代、パリに移住するが、その後またアメリカに戻ってくる。この頃はごく特定のハイエンド向け顧客に対して、オーダーメード形式で服をデザインしていた。(70年代はリーズナブルな価格で、多くの人に向けてファッションを発信した。)

97年、ニューヨークコレクションに参加する形でシグニチャーラインを復活。2005年、長年の功績、ファッション業界への影響が認められてCFDA(アメリカ・ファッション・デザイナー評議会)より表彰を受け、その後、CFDAの会長に選ばれる。

2006年、日本の南青山にショップをオープン。

2008年、iGoogleのアーティストコラボレーションにドルチェ&ガッバーナカステルバジャックオスカー デ ラ レンタなどとともに参加した。

2014年、東京で2014-15年秋冬コレクションを発表。

2016年、ジョナサン サンダースが、ダイアン フォン ファステンバーグのチーフクリエイティブオフィサーに就任。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.dvf.com/

ブランド・デザイナー紹介