HUNTING WORLD

ハンティング・ワールド

ブランドのはじまり

1965年、アメリカにて創業。

ハンティング・ワールドについて

ハンティング・ワールドはアメリカのブランド。バチュー(BATTUE)をはじめとするバッグが人気。

【プロフィール】

ボブ・リー(ロバート・M・リー)が1965年に創業。ニューヨークに生まれる。建設技師としてキャリアをスタート。55年、アフリカを旅行し、アフリカの自然に強く魅かれる。これを機に59年、アンゴラにサファリツアーの会社「リーエクスぺディションズ」社を設立。会社を運営する一方で、アフリカでは野生動物の保護や調査なども行った。

また、観光客を案内する中で、彼らが持ち込むラゲージやテントがアフリカで使用するには役に立たず、より丈夫な製品が必要だと感じたところから、テントやラゲージの改良、デザインを始める。

65年、アンゴラでの内戦が激しくなり、事業を中断しなければならない状況に追い込まれる。アンゴラを去り、ニューヨークに戻って「ハンティング・ワールド」を設立。アフリカでの経験を活かして、アウトドア製品、スポーツ用品の製造事業をスタートさせる。特に、より丈夫なバッグが必要だと考え、新素材の開発研究、また製造を始める。

結果的にはこの努力がハンティング・ワールドのシグネチャーとも呼ばれるバチュー・クロスを世に送り出すことに繋がる。バチュー・クロス製のバッグは零下50度でも断熱と衝撃の吸収が利くほど丈夫なものであった。バチュー・クロスは改良が重ねられ、現在ではレザー化にも成功している。レザー化に際しては、アニリンで染色し、ナチュラルな美しさを生み出す「Battue Leather」と呼ばれる素材を使用。この製品は耐衝撃性や軽さの点でも高く評価されている。

なお、ハンティング・ワールドのロゴは、幸福を表現する「牙のない子どもの象」をモチーフにしたもの。アフリカの地に敬意と愛を込めている。

創業から40年以上経過した現在、ハンティング・ワールドは、バッグ、アウトドアの範囲を超えて、時計、ネクタイなども含めた総合アパレルメーカーとして展開するまでに至る。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.huntingworld.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ハンティング・ワールド取り扱い店舗

Data - ハンティング・ワールドの関連データ

用語: アンゴラ アニリン モチーフ ヨーク

ブランド・デザイナー紹介