AKM

エイケイエム

ブランドのはじまり

2006年春夏コレクションより、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。

エイケイエムについて

AKM(エイケイエム)は日本のメンズブランド。

「良いものは変わらない」という考えから、不変のものを創る姿勢がブランドコンセプト。 シンプルでミニマムな表現ほど難しい、そのことを知るからこその、素材、縫製とあくなき探求を続けている。

公式サイトによると、AKMは、レザーを中心に常にクオリティの高いものだけを厳選。エッジのきいたカッティングデザイン、タイトなシルエットパターンを特徴としており、「孤高のリアルクローズ 」をコンセプトとしている。アティテュード(姿勢、方向性)は、洋服に対する「希望」そのもの。

エイケイエムの沿革・歴史

2006年春夏、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。
wjkを立ち上げた橋本淳はセレクトショップのバイヤーを経て、カルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー「マウリッツォ アルティエリ」に共感し、単身でイタリアに渡りマウリッツォと共に活動する。その後、帰国し「wjk」を立ち上げた。現在、彼はジュンハシモトを立ち上げてAKMからは離れている。

デザインはwjkの立ち上げメンバーの1人、小澤智弘が行っている。小澤は、2012年、自身のブランド「ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ(1 piu 1 uguale 3)」をスタートする。

2008年、デュベティカとコラボレーションで「AKM×DUVETICA」を発表。ラグジュアリーな雰囲気で、シルエットの美しいタイトなダウンジャケットを発表した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://akm163.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エイケイエム取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介