A.LANGE&SOHNE

A.ランゲ&ゾーネ

ブランドのはじまり

1845年、ドイツにて「A.ランゲ&ゾーネ」創業。

A.ランゲ&ゾーネについて

A.ランゲ&ゾーネ(A. Lange&Söhne)は、ドイツの最高級時計ブランド。ゴールドまたはプラチナのケースを使った腕時計が、毎年数千本のみ製作されている。時計は、自主開発され、手作業で入念な装飾と組み立てを行ったムーブメントが搭載されている。

宮廷時計職人のもとで経験を積み、その後、様々な国で時計職人として腕を磨いた、フェルディナンド・アドルフ・ランゲ(Ferdinand Adolph Lange)が創業した時計工房がブランドの始まりだった。1845年、ドイツのドレスデンにて創業。ザクセン高級時計産業の礎を築いた。フェルディナンドが製作した懐中時計の数々は、価値が高く、今でも世界中のコレクターたちにより保有されている。

第二次世界大戦により、時計工場は破壊された。大戦後、東ドイツ政府によりA.ランゲ&ゾーネは国有化され、ブランドは休止してしまった。ドイツの東西統一後、1990年、フェルディナントの曾孫にあたる、ウォルター・ランゲがブランドを再開。

1994年、「ランゲ1」を発表。ランゲ1は一般モデルとして初めてアウトサイズデイトを搭載し、ブランドを象徴するモデルとなった。数々の賞も受賞し、A.ランゲ&ゾーネの復活に大きく前進。ユニークなデザインと技術力、ディテールにまでこだわり尽くした仕上げが高く評価された。以降、自社製キャリバーは50個を超え、半世紀近いブランクがあったのにも関わらず、急速にトップブランドとしての地位を確立していった。

「ツァイトヴェルク」「ダブルスプリット」、「ダトグラフ」などヒット作を発表。瞬転数字式時刻表示を搭載し高度な技術が要求される複雑機構を特徴とする「リヒャルト・ランゲ・パーペチュアルカレンダー“テラ・ルーナ”」や、「ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター」、「ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン」など、継承されてきた時計作りの技をさらに進歩させるモデルが登場している。

A.ランゲ&ゾーネは、現在、ピアジェヴァシュロン・コンスタンタンロジェ・デュブイなどを傘下に置くリシュモンのグループに入っている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.alange-soehne.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

A.ランゲ&ゾーネ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介