BALMAIN

バルマン

ブランドのはじまり

1945年、ピエール・バルマンが自身の名を冠したブランド「ピエール・バルマン」を設立。

バルマンについて

バルマンはピエール・バルマンが設立したフランスの人気ラグジュアリーブランド。メンズ、レディースともに展開している。

ピエール・バルマン(Pierre Balmain)は1914年フランス、サヴォワ生まれ。父は紳士服の卸業を運営、母はブティックを経営するアパレル製品に関わる一家で、幼少時代より洋服に強い関心を持ち育った。パリ国立美術学校で建築を学んだ後、幼少時から身近にあった、ファッション、モードの道に進む。

イギリス人デザイナー、エドワードモリヌーにデッサンを見せて、その才能を評価されたことがきっかけで、34年からモリヌーのメゾンで働くことになる。その後、39年からルシアン・ルロンのメゾンでモデリストを担当。ルロンのメゾンではクリスチャン ディオールもモデリストとして働いていた。

45年に独立して自身の名を冠したメゾン「ピエール・バルマン」を開設。終戦後で、素材の調達、資金面でも非常に苦しい時期ではあったが、両親などの援助を受けながらコレクションの発表を続ける。

ピエール・バルマンのコレクションの特徴は、シンプルでクラシカルなデザイン。ディオールがニュールックを発表した時には、バルマンも8ラインと同様のウエストを細く絞ったラインを発表し話題となった。50年代に活躍し、バレンシアガ、ディオールと並んで3大デザイナーに数えられた。顧客には女優のエヴァ・ガードナー、ヴィヴィアン・リー、マレーネ・ディードリッヒ、ブリジッド・バルドーなど当時の大女優のドレスを手がけた。

映画や舞台の衣装も積極的に手がけ、舞台演劇の世界では最高の賞であるトニー賞の衣装デザイン賞を受賞した経験がある。

バルマンは香水もモードを表現する1つと考えており、メゾンの立上からまもなく、香水のクリエーションも始めた。初の香水はアトリエの住所からネーミングした「Elysees 64-83.」だった。その後、ヴァンヴェール(Vent Vert, 1947)、ジョリ・マダム (Jolie Madame, 1953)、ムッシュバルマン(MONSIEUR BALMAIN, 64, メンズライン)、イヴォワール (Ivoire, 1979)、オードアマゾン(Eau d'Amazonie, 2006)、などの香水がヒットし、現在に至るまで人気となってる。※()の数字は発表年度。

その他にも事業展開を拡大、現在は時計ラインのバルマンウォッチ(Balmain watch)やアクセサリーラインのバッグや財布、ネクタイなどを展開している。

82年、ピエール・バルマン死去。その後、バルマンでアシスタントを務めていたエリック・モルテンセンがブランドを引き継ぎ、91年まで担当。93年からは2001年までオスカー デ ラ レンタがデザインを担当した。

2003年から、プレタポルテのデザインを担当していたローラン・メルシエがオートクチュール部門のデザイナーに就任。

その後、2004年より一時的にショーを休止した後、2006-07AWシーズンより2011-12AWシーズンまではパコ ラバンヌで経験を積んだクリストフ・デカルナン(Christophe Decarnin)を迎え、プレタポルテを再開。モルテンセン、デ・ラレンタは比較的クラシカルでエレガントな路線を打ち出していたが、クリストフ・ドゥカルナンは、よりモダンなデザインを打ち出し、世界中で注目を集める。

2011年、ロベルト カヴァリ出身のデザイナー、オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)がレディース・メンズともにデザイナーに就任。

H&Mが毎年展開している著名デザイナーとのコラボレーションで、2015年度はバルマンとのコラボコレクション「Balmain × H&M」を発表。メンズとウィメンズの洋服、及びアクセサリーを展開した。

2017年、ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr. Dre)とのコラボヘッドフォンとイヤフォンを発表。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.balmain.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

バルマン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介