Cole Haan

コールハーン

ブランドのはじまり

1928年、アメリカ、シカゴにてトラフトンコールとエディハーンが、「コールハーン」を設立。

コールハーンについて

アメリカのファッションブランド「コールハーン(Cole Haan)」。

ブランドのコンセプトは、「モダンアーチザン(Modern Artisan)」。モダンな職人・技工を掲げており、クオリティと職人的な技術に自身を持つ。現在は、バッグ、衣服、サングラス、ベルトなど様々なラインナップを揃えている。

コールハーンの始まりは、1928年、アメリカ、シカゴにてトラフトンコール(Trafton Cole )とエディハーン(Eddie Haan)が、「コールハーン」を設立したところに起源がある。靴のブランドからスタート。クオリティ、職人による技術、サービスなどあらゆる面で評価の高い会社だった。

特に当初はメンズのシューズを扱うブランドだったが徐々に女性用の靴、子供用靴へと広げていった。82年に小売部門を立ち上げ、以降、世界中に店舗を構えるようになる。70年には既に、アメリカの高級靴ブランドの代表的な存在になっていた。

70代にブランドが売却され、経営(所有)企業変わり、80年代に、アメリカのNIKEの傘下に入る。それ以降、靴ブランドとしてではなく、トータルブランドとして展開を進める。2000年以降、靴にはNIKEの優れたエア(Air)技術を、コールハーンの高級な靴に取り入れるなどの改良が行われている。このコラボレーション商品はマイケルジョーダンが広告塔になった。

2012年6月、NIKEが、傘下に置くブランドコールハーンとアンブロを売却し、NIKE、ジョーダン、コンバース、ハーレーの各ブランドによる成長に集中する意向であることを発表した。両事業の売却プロセスを直ちに開始し、2013年5月までに完了する予定。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.colehaan.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

コールハーン取り扱い店舗

Data - コールハーンの関連データ

ブランド: NIKE アンブロ コンバース

ブランド・デザイナー紹介