CHARLES JOURDAN

シャルル ジョルダン

ブランドのはじまり

1917年、シャルルジョルダンが靴の製造を開始。

シャルル ジョルダンについて

1917年、シャルル ジョルダンが良質な手作りのレディースの靴の製造を開始。これが現在のブランド「シャルル ジョルダン」の起源となる。以後、生産設備の近代化を進めながらも、常に高品質な靴づくりを追求。

1957年にはパリに初の旗艦店を出店、同じ年、クリスチャン ディオールの靴をデザインをするなどブランドとして飛躍する。

60年代にロジェ ヴィヴィエやアンドレ・ペルージャなど共同でデザインを行い、シャルル ジョルダンは世界的なブランドへと成長した。またシューズの他に、バッグのラインの立上に成功する。

2006年S/Sシーズンからクリエイティブディレクターに、バレンシアガの元デザイナーでアントワープ王立美術アカデミー出身のジョセフ・ティミスターが就任。

2009年、クリエイティブ・ディレクターにアレクサンドラ ニール(Alexandra Neel)が就任。

パンプスが5万~9万円、サンダルが7万~9万円、ブーツに関しては6万円から高いものだと50万円近くする。 バッグは3万~7万程度。シャルル ジョルダンは全世界に400を超える販売拠点で、靴やバックを販売を販売している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.charles-jourdan.com/

Data - シャルル ジョルダンの関連データ

ブランド: アレクサンドラ ニール ティミスター ディオール バレンシアガ ロジェ ヴィヴィエ

ブランド・デザイナー紹介