DRIES VAN NOTEN

ドリス ヴァン ノッテン

ブランドのはじまり

1985年、ドリス ヴァン ノッテンがアントワープにてスタート。

ドリス ヴァン ノッテンについて

ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)はベルギーのラグジュアリーブランド。

創業者はドリス・ヴァン・ノッテン(DRIES VAN NOTEN)。1958年、ベルギーのアントワープ生まれ。祖父の代から続く高級品分野のブティックを経営する家系に生まれる。10代このろから両親についてパリやミラノに服の買い付けにいくなど、ファッションに携わる環境で育つ。そのためデザイナーへの道は自然に決まっていった。

77年、アントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。在学中に、フリーランスとしてデザインを手がけ、父親の経営するブティックのバイヤーなどにも携わる。81年、アントワープ王立芸術アカデミーを卒業。

卒業後、アントワープの政府が企画したモード活性化のためのプロジェクト、生産工場とデザイナーを結びつけるためのコンクールに参加。当時のメンバーはドリスを含めアン ドゥムルメステール、ウォルター ヴァン・ベイレンドンク、ダーク ビッケンバーグら後にアントワープの6人と呼ばれるデザイナーにマルタン マルジェラを加えた7人。

86年、ロンドンコレクションに「アントワープシックス(Antwerp Six=アントワープの6人)」の一人として参加。これを機にメンズファッション工場のバックアップを得てドリス ヴァン ノッテンのコレクションの商品化へのチャンスを掴む。

89年、アントワープの中心に最初のフラッグショップ(Modepaleis)をオープン。このショップは繊維取引所を改装して立てた3階建てのもので現在ではアントワープのファッションブティックの代表的な名所になる。

91年、パリのメンズコレクション(1992S/S)に参加。93年、レディース分野でパリコレクションに参加、96年には最初の子供服コレクションを発表するなど徐々に活動領域を広げていく。2000年、6万フィート四方の大きな6階建ての元印刷物保管倉庫に会社を移転。

2009年、東京・南青山に旗艦店をオープン。

ドリス・ヴァン・ノッテンは、若手デザイナーの育成・支援にも力を注ぎ、A.F.ヴァンデヴォーストアンジェロ フィギュスのデビューに貢献した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.driesvannoten.be/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ドリス ヴァン ノッテン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介