James Taylor & Son

ジェームズ・テイラー&サン

ブランドのはじまり

1857年に創業。

ジェームズ・テイラー&サンについて

ジェームズ・テイラー&サン(James Taylor & Son)はイギリスのビスポークシューズのブランド。

1857年、グレート・ポートランド・ストリート駅にてジェームズ・テイラー(James Taylor)が開店。美しいだけではなく、履き心地も考慮されたシューズを発表し、19世紀の終わり頃までにクラシカルなシューズメイキングにおいてロンドンで名声を得ていた。

1950年代までにハンネス・レオ・シュヴァイガー(Hannes Leo Schweiger)によるディレクションのもと足の健康を重視したシューズ「Orthopaedic Footwear(オーソぺディックフットウェア)」を製作するようになった。この伝統は現在にまで引き継がれている。また、50年代に従来の店舗を移転、現在はパディントンストリートに店舗を構えている。

手作業で縫いつけを行うハンドソーンウェルト製法のアイテムが人気。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.taylormadeshoes.co.uk

Data - ジェームズ・テイラー&サンの関連データ

用語: ハンドソーンウェルト製法 ビスポーク

ブランド・デザイナー紹介