WESCO

ウエスコ

ブランドのはじまり

1918年にジョン・ヘンリー・シューメイカーがウエスコを創業。

ウエスコについて

「ウエスコ(WESCO)」はアメリカのワークブーツブランド。1932年にジョン・ヘンリー・シューメイカー(John Henry Shoemaker)がウエスコ(West Coast Shoe Companyの略)を創業。

ジョン・ヘンリー・シューメイカーはウエスコを創業する前に、ブラドリー・シュー・カンパニーとグッドイヤー・シュー・カンパニーでブーツ作りを学ぶ。グッドイヤー・シュー・カンパニーでは製造とリペア部門の責任者となる。

独立後、順調に事業を拡大するが、1929年の大恐慌によって事業を閉鎖する。ジョン・ヘンリー・シューメイカーは事業も貯蓄も家も全て失ったが、ブーツ作りの道具だけは手放さなかった。ポートランドに所有していた土地と引き換えにスカプースの土地を手に入れる。そこで土木作業の経験を活かし、家を建て、ブーツ工場を地下に造る。

ブーツ職人を雇う金がなかったため、家族とともにブーツ作りを再開する。良い時には1日に8足のブーツを製作することができた。徐々にビジネスが順調に進み、家の隣に小さな工場を建設する。1937年までには2階建ての2400平方フィートの工場を持つまでになる。

1930年代から40年代初めまで堅調に事業が拡大する。船乗りや樵たちのためのエンジニアブーツを製作し、これらの需要が高まる。そして第2次世界大戦によってさらにブーツの需要が高まる。

戦後も戦時中と同じペースで事業を拡大。ウエスコは新しいサービスを展開する。それは簡単なリペアではなく、古いブーツを完全によみがえらせることだった。新しいブーツを買うよりも1/3の値段ででき、また長年愛用してきたブーツをまた使えるようにするのは画期的なサービスとなる。

1952年には、ソールとヒールにスパイクを付ける機械を発明。それまでは力のある男性の職人がハンマーで作業していたが、この機械によって誰でもスパイクを取り付けられるようになる。

1961年にジョン・ヘンリー・シューメイカーが亡くなった後も、ウエスコはシューメイカー家によるファミリービジネスで経営を行っている。また現在もスカプースにある工場でブーツを生産している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.westcoastshoe.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ウエスコ取り扱い店舗

Data - ウエスコの関連データ

用語: ソール OEM ブランド: WeSC ラドリー

ブランド・デザイナー紹介