menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. トピック

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌

チームラボ(teamLab)は、大阪府大阪市の「長居植物園」を舞台にした夜の常設展「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」を、2022年7月29日(金)にオープンする。

夜の常設展「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」

チームラボ《風の中の散逸する鳥の彫刻群》©チームラボ
チームラボ《風の中の散逸する鳥の彫刻群》©チームラボ

2022年4月にリニューアルしたばかりの「長居植物園」は、約24万m²という広大な敷地の中に、約1,200種類の植物が生い茂る日本有数の植物園。今回チームラボは、草花や木々が季節と共に移り変わるこの空間を、自然や人々の存在によってインタラクティブに変化するアート空間へと変える。

日本有数の植物園が夜間限定でアート空間に変貌

昼間は緑あふれる都会のオアシスとして賑わう植物園は、夜になるとデジタルテクノロジーを駆使した作品空間へと一変。園内を吹く風や雨といった自然、植物園を訪れる鳥や人々といった介在者の影響を受けてインタラクティブに変容しながら、人々を自然と共に作品の一部へと取り込んでいく。

チームラボ《生命は闇に浮かぶまたたく光 - ヒマワリ》©チームラボ
チームラボ《生命は闇に浮かぶまたたく光 - ヒマワリ》©チームラボ

たとえば、新作となる《風の中の散逸する鳥の彫刻群》は、園内を飛ぶ鳥や吹く風が周辺の環境に連続的に与えるエネルギーを、リアルタイムに描き続ける作品。「ライフガーデン」に咲く20,000株のひまわりが闇の中で輝く《生命は闇に浮かぶまたたく光 - ヒマワリ》など、四季と共に移り変わる様々な植物を生かした、季節限定の作品も随時登場する。

自然そのものがアートになる「Digitized Nature」

チームラボ《ツバキ園の呼応する小宇宙 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボ
チームラボ《ツバキ園の呼応する小宇宙 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボ

デジタルテクノロジーを駆使し、自然を破壊することなく「自然そのものが自然のままアートになる」というアートプロジェクト「Digitized Nature」を継続して実践しているチームラボ。今回かれらが新たに手がける「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」でも、自然の新たな美しさを発見できるようなチームラボらしい作品が楽しめる。

詳細

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」
オープン日:2022年7月29日(金)
場所:長居植物園(大阪市東住吉区長居公園1-23)
時間:19:30~22:00 ※21:00最終入場
※開催時間はシーズンによって異なる。
定休日:第2・4月曜日
チケット:大人(高校生以上) 1,600円、子ども(小・中学生) 500円
※障がい者割引 800円:手帳持参の本人と同伴者1名まで購入可(入場には1人1枚チケットが必要)。
※未就学児無料。

Photos(6枚)

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真1 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真2 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真3 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真4 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真5 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」大阪・長居植物園が夜間限定でアート空間に変貌|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット