menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   >  
  2. ニュース   >  
  3. アート   >  
  4. 特集

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール

    Page:
  • 1
  • 2

2020年に美術館・博物館で開催されるおすすめのアート展覧会を特集。東京・横浜・京都・大阪など関東・関西を中心に、展覧会スケジュールを一挙紹介する。各詳細からは展示作品や会期、チケット・巡回情報も確認できるので、気になる展覧会をぜひチェックしてはいかがだろう。

2020年のおすすめ展覧会

  1. 注目の展覧会
  2. 〈関東〉東京の展覧会
  3. 〈関東〉神奈川の展覧会
  4. 〈関西〉京都の展覧会
  5. 〈関西〉兵庫の展覧会
  6. 石川の展覧会

注目の展覧会

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」東京・国立西洋美術館&大阪・国立国際美術館

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」東京・国立西洋美術館&大阪・国立国際美術館
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《劇場にて(初めてのお出かけ)》 1876-77年 油彩・カンヴァス 65×49.5cm
©The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1923

世界初となる「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、東京・国立西洋美術館と大阪・国立国際美術館で開催。“イギリスとヨーロッパの交流”を軸に、ルノワール 《劇場にて(初めてのお出かけ)》やフェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》、ゴッホ《ひまわり》をはじめ、ティツィアーノやターナーらの傑作絵画が約61点集結する。

・東京展
会期:2020年6月18日(木)~10月18日(日)〈日時指定制〉
会場:国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)
※6月18日(木)~6月21日(日)は、前売券・招待券限定入場期間
・大阪展
会期:2020年11月3日(火・祝)~2021年1月31日(日)
会場:国立国際美術館(大阪府大阪市北区中之島4-2-55)

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」東京都現代美術館

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」東京都現代美術館
石岡瑛子 映画『白雪姫と鏡の女王』(ターセム・シン監督、2012年) 衣装デザイン
©2012-2020 UV RML Films dba Relativity Media. All Rights Reserved.

東京都現代美術館の「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」は、アート・ディレクター、そしてデザイナーとして多岐にわたる分野で活躍した石岡瑛子の世界初となる大規模回顧展だ。会場では、パルコなどの広告を筆頭に、マイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』、映画『ドラキュラ』や『白雪姫と鏡の女王』、『落下の王国』の壮麗な衣装などを展示し、無比の個性と情熱とが刻印された石岡の仕事を総覧する。

会期:2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)

〈関東〉東京の展覧会

「きもの KIMONO」東京国立博物館

「きもの KIMONO」東京国立博物館
重要文化財 小袖 白綾地秋草模様 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵


上野・国立東京博物館の特別展「きもの KIMONO」は、鎌倉時代から現代にいたるきものを総覧する大規模展覧だ。信長・家康・篤姫らが着用したきものや、尾形光琳直筆の“小袖”、江戸時代の「婦女遊楽図屛風(松浦屛風)」などきものを描いた国宝絵画、さらに岡本太郎といった現代アーティストが手がけたきものなど、約300件が集結する。

会期:2020年6月30日(火)~8月23日(日)
会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)

「ファッション イン ジャパン」国立新美術館&島根県立石見美術館

森英恵《ホステス・ガウン「菊のパジャマ・ドレス」》1966年 島根県立石見美術館蔵
森英恵《ホステス・ガウン「菊のパジャマ・ドレス」》1966年 島根県立石見美術館蔵

東京・国立新美術館と島根県立石見美術館の「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」では、戦中戦後のもんぺや国民服から、グローバルに活躍した森英恵ら日本人デザイナーの作品、そしてカワイイ(Kawaii)文化まで、日本のファッションを包括的に紹介。衣服のみならず、写真や雑誌などを通して、衣服をつくる者とまとう者、そしてメディアの軸から、ファッションを社会現象とともに読みとく。

・東京展
会期:TBA
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22−2)
・島根展
会期:TBA
会場:島根県立石見美術館(島根県益田市有明町5-15 島根県芸術文化センター「グラントワ」)

「ドレス・コード?─着る人たちのゲーム」東京オペラシティ アートギャラリー

「ドレス・コード?─着る人たちのゲーム」東京オペラシティ アートギャラリー
COMME des GARÇONS(川久保玲) 2018年春夏
(C)京都服飾文化研究財団、畠山崇撮影

ファッションは単に流行の服やスタイルだけでなく、文化や習慣との結びつきを意味するものであり、暗黙のルール“ドレス・コード”を生みだす。東京オペラシティ アートギャラリーの「ドレス・コード?─着る人たちのゲーム」では、メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)やウォレット・コム デ ギャルソン(Wallet COMME des GARÇONS)の衣服やアートに加えて、映画や漫画などに描かれたファッションも展示。現代社会における“ドレス・コード”を再考する。

会期:2020年7月4日(土)〜8月30日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿 3-20-2)

「1894 Visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展」三菱一号館美術館

オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵
オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵

東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される「開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展」は、同館の所蔵品を代表するルドンとトゥールーズ゠ロートレックに着目し、かれらが活躍した19世紀末の感性へと迫る展覧会だ。会場では、ルドンのリトグラフや《アポロンの戦車》などの幻想的な絵画、そしてムーラン・ルージュなどを主題としたトゥールーズ゠ロートレックのポスターなど、100点を超える作品を展示する。

また現代アーティストのソフィ・カルとのコラボレーションも実現。同館を象徴するルドンのパステル画《グラン・ブーケ(大きな花束)》に着想を得た新作を含め、約20点の作品を目にすることができる。

会期:2020年10月24日(土)〜2021年1月17日(日) ※展示替えあり
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」Bunkamura ザ・ミュージアム

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」Bunkamura ザ・ミュージアム
ソール・ライター 《薄紅色の傘》 1950年代、発色現像方式印画
©Saul Leiter Foundation

50年代からニューヨークでファッション・フォトグラファーとして活躍したのち、晩年は"カラー写真のパイオニア"と呼ばれた写真家ソール・ライター。渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」では、《薄紅色の傘》などのカラー写真を含む未発表作品約110点を展示し、創作の秘密をひもとく。

なお、2021年には京都の美術館「えき」KYOTOに巡回予定。

会期:2020年7月22日(水)〜9月28日(月)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」東京都現代美術館

オラファー・エリアソン《ビューティー》1993年
Installation view: Moderna Museet, Stockholm 2015 Photo: Anders Sune Berg
Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles
オラファー・エリアソン《ビューティー》1993年
Installation view: Moderna Museet, Stockholm 2015 Photo: Anders Sune Berg
Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles
© 1993 Olafur Eliasson

環境や社会に対するアートの可能性を探求するアーティスト、オラファー・エリアソン。清澄白河・東京都現代美術館の「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」は、日本では10年ぶりのとなる大規模個展だ。会場には、大規模なインスタレーションなどの新作や、鑑賞者の目の前に“虹”が現れる体験型作品《ビューティー》など代表作を展示する。

会期:2020年6月9日(火)〜9月27日(日)
会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)

「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館

「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館
《のまれる》 1990年、油彩・キャンバス、197×241cm、ヤゲオ財団蔵
©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C3006

ロマンティックかつミステリアスな風景を描く、イギリスの現代画家ピーター・ドイグを取り上げる初の個展が、東京国立近代美術館で開催。代表作の油彩画《のまれる》を筆頭に、活動の初期から最新にわたる作品約70点を展示し、鑑賞者の想像力や記憶を刺激する独特の作風をたどる。

会期:2020年2月26日(水)~10月11日(日)
※2020年2月29日(土)から臨時休館していたが、6月12日(金)より再開
会場:東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)

「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」東京・国立新美術館

「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」東京・国立新美術館
しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》2017年、作家蔵 ※展示替え予定あり

六本木・国立新美術館の「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」は、日本の古典美術と現代美術を合わせて紹介することで、その豊かさと魅力を探る展覧会だ。江戸時代以前の巨匠には葛飾北斎や尾形乾山、伊藤若冲、対する現代作家にはしりあがり寿や皆川明、河内倫子らの名が連なるほか、横尾忠則や菅木志雄の作品も展示する。

会期:2020年6月24日(水)~8月24日(月)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)

「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」東京・原美術館

「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」東京・原美術館
森村泰昌、映像作品《エゴオブスクラ》より(参考写真)、2020年、撮影:福永一夫
©Yasumasa Morimura

巧みなメイクや衣装により、ゴッホの絵画や歴史上の人物に扮するアーティスト、森村泰昌。品川・原美術館の「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」では、自らマリリン モンローや三島由紀夫を演じる映像や、マネの絵画《オランピア》を参照した作品を展示し、近現代日本における「私」とは何か?という問いへと迫る。

なお品川の原美術館は、2021年1月をもって閉館予定。かつての邸宅を活用した静謐な空間での鑑賞体験を、ぜひ味わってみてはいかがだろう。

会期:2020年1月25日(土)〜7月12日(日)
会場:原美術館(東京都品川区北品川4-7-25)
※2020年2月29日(土)〜3月17日(火)、および3月28日(土)〜6月8日(月)は臨時休館

〈関東〉神奈川の展覧会

「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館

「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館
伊藤若冲「孔雀鳳凰図」(部分) 宝暦5年(1755)頃 重要美術品 岡田美術館蔵

箱根の岡田美術館で開催される「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」では、同館が収蔵する伊藤若冲の作品全7件を一挙公開。松に囲まれた鳳凰と白孔雀を描いた「孔雀鳳凰図」や、雪中の雄鶏が振り向く一瞬を捉えた「雪中雄鶏図」など4件の着彩画に加え、「月に叭々鳥図」といった水墨画3件も楽しむことができる。また、若冲が学んだ尾形光琳、そして同時代の京都画壇を代表する円山応挙らの作品も展示される。

会期:2020年10月4日(日)〜2021年3月28日(日)
会場:岡田美術館(神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1)

「モネとマティス─もうひとつの楽園」ポーラ美術館

「モネとマティス─もうひとつの楽園」ポーラ美術館
アンリ・マティス《リュート》1943年 ポーラ美術館

箱根のポーラ美術館では、パリ郊外・ジヴェルニーの自邸の“睡蓮の池”を繰り返し描いたクロード・モネと、南仏のアトリエを調度などで装飾し、室内画を制作したアンリ・マティスに着目した「モネとマティス─もうひとつの楽園」を開催。“庭”や“室内”というテーマを据えて絵画制作に取り組んだ2人の共通点を探るとともに、ブリジット・ライリーなどの近現代絵画を通して、絵画の色彩や空間構成をめぐるモネ・マティス以後の展開を紹介する。

会期:2020年6月1日(月)〜11月3日(火・祝)
会場:ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)

〈関西〉京都の展覧会

「若冲誕生~葛藤の向こうがわ~」福田美術館

伊藤若冲 《蕪に双鶏図》
伊藤若冲 《蕪に双鶏図》

京都・福田美術館の「若冲誕生~葛藤の向こうがわ~」では、江戸時代の画家・伊藤若冲の初期から晩年にいたる作品約40点を含む、約80点の作品を展示。若冲に影響を与えた禅僧や画家たちを取り上げ、その魅力と背景に光をあてる。とりわけ、初公開となる若冲30代の彩色画《蕪に双鶏図 》には注目だ。

会期:2020年5月23日(土)〜7月26日(日) ※展示替えあり
会場:福田美術館(京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町3-16)

Photos(19枚)

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像1 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像2 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像3 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像4 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像5 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像6 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像7 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像8 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像9 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像10 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像11 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像12 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像13 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像14 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像15 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像16 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像17 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像18 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像19

Photos(19枚)

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像1 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像2 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像3 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像4 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像5 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像6 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像7 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像8 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像9 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像10 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像11 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像12 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像13 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像14 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像15 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像16 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像17 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像18 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像19

関連ニュース

ピックアップ

スターバックス新作メニュー情報まとめ - フラペチーノやスイーツ、グッズも
スターバックス新作メニュー情報まとめ - フラペチーノやスイーツ、グッズも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
[2020年]ピーチスイーツ特集 - 人気店の桃デザートからコンビニアイスまで、おすすめ一挙紹介
[2020年]ピーチスイーツ特集 - 人気店の桃デザートからコンビニアイスまで、おすすめ一挙紹介

スケジュール

損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル、ゴッホ《ひまわり》常設展示
7月10日(金)オープン
損保ジャパン日本興亜美術館「SOMPO美術館」にリニューアル、ゴッホ《ひまわり》常設展示
「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」東京国立近代美術館で、マティスやデュシャンの名画など約110点
7月11日(土)~9月27日(日)開催
「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」東京国立近代美術館で、マティスやデュシャンの名画など約110点
青森「弘前れんが倉庫美術館」開館、築約100年の煉瓦倉庫を改修&スタジオやライブラリーも
7月11日(土)オープン
青森「弘前れんが倉庫美術館」開館、築約100年の煉瓦倉庫を改修&スタジオやライブラリーも
展覧会「みんなのミュシャ」渋谷で、ミュシャの代表作&影響を受けた天野喜孝などの作品約250点
7月11日(土)~9月6日(日)開催
展覧会「みんなのミュシャ」渋谷で、ミュシャの代表作&影響を受けた天野喜孝などの作品約250点
六本木で展覧会「おいしい浮世絵展」北斎・広重・国芳らが描いた“江戸の食”、再現料理や当時のレシピ本も
7月15日(水)~9月13日(日)開催
六本木で展覧会「おいしい浮世絵展」北斎・広重・国芳らが描いた“江戸の食”、再現料理や当時のレシピ本も
 スケジュール一覧