menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   特集

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール

2020年に開催されるおすすめのアート展覧会を、東京・横浜・京都・大阪を中心に特集。“シュレッダー事件”で話題となったバンクシー、モネやウォーホルなどの有名作家、ナショナル・ギャラリー展やファッションまで、展覧会スケジュールを一挙紹介する。各詳細からチケット情報も確認できるので、気になる展覧会をぜひチェックして。

全国巡回

「バンクシー展 天才か反逆者か」横浜&大阪ほか

「バンクシー展 天才か反逆者か」横浜&大阪ほか

世界中のストリートを舞台に、《風船と少女》やネズミなどの作品制作を行うアーティスト・バンクシー。横浜・アソビルで開催される「バンクシー展 天才か反逆者か」は、オリジナル作品や立体オブジェクトなど約70点を通して、ダークユーモアにあふれるバンクシーの世界観を堪能できる過去最大規模の展覧会となる。横浜展終了後は大阪、次いで地方への巡回も行う。

・横浜展
会期:2020年3月15日(日)〜9月27日(日)
会場:アソビル(神奈川県横浜市西区高島2-14-9)
※2020年10月に大阪にて開催、その後地方に巡回予定

「バンクシー展(仮称)」東京&大阪

東京・品川の寺田倉庫 G1ビルでも、「バンクシー展(仮称)」を開催。本展では、バンクシー自身がプライベートコレクターに譲った珠玉のステンシルアート作品から、バンクシーの活動に迫る。なお東京展終了後には、大阪へも巡回する予定だ。

・東京展
会期:2020年8月29日(土)~12月6日(日)
会場:寺田倉庫 G1ビル(東京都品川区東品川2-6-4)
※東京展会期終了後、大阪に巡回

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」東京・国立西洋美術館&大阪・国立国際美術館

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」東京・国立西洋美術館&大阪・国立国際美術館
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《劇場にて(初めてのお出かけ)》 1876-77年 油彩・カンヴァス 65×49.5cm
©The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1923

世界初となる「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、東京・国立西洋美術館と大阪・国立国際美術館で開催。“イギリスとヨーロッパの交流”を軸に、ルノワール 《劇場にて(初めてのお出かけ)》やフェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》、ゴッホ《ひまわり》をはじめ、ティツィアーノやターナーらの傑作絵画が約61点集結する。

・東京展
会期:2020年3月3日(火)〜6月14日(日)
会場:国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)
・大阪展
会期:2020年7月7日(火)〜10月18日(日)
会場:国立国際美術館(大阪府大阪市北区中之島4-2-55)

東京

「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展(仮称)」東京・国立新美術館

「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展(仮称)」東京・国立新美術館
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)《キリストの埋葬》
1603-04年 油彩/カンヴァス 300×203 cm バチカン美術館
FOTO © GOVERNATORATO SCV - DIREZIONE MUSEI VATICANI

劇的な表現で革新的な宗教画を描き、バロック美術の先駆的役割を果たした画家・カラヴァッジョ。六本木・国立新美術館の「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展(仮称)」は、彼の代表作《キリストの埋葬》を中心に構成され、同時代の版画やローマ教皇へ送った書状などとともに、この絵画の背景へと多角的に迫る。

会期: 2020年10月21日(水)〜11月30日(月)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)

「クロード・モネ - 風景への問いかけ」東京・アーティゾン美術館

「クロード・モネ - 風景への問いかけ」東京・アーティゾン美術館

ブリヂストン美術館の歴史を継いで、2020年1月、東京・竹橋に誕生するアーティゾン美術館では、「クロード・モネ - 風景への問いかけ」を開催。印象派の巨匠モネの代表作《日傘の女性》をはじめ、パリ・オルセー美術館所蔵作品を中心とする約140点の作品を展示し、睡蓮の主題へと実を結ぶモネの画業をたどる。

会期:2020年7月11日(土)~10月25日(日)
会場:アーティゾン美術館(東京都中央区京橋1-7-2)

「きもの KIMONO」東京国立博物館

「きもの KIMONO」東京国立博物館
重要文化財 小袖 白綾地秋草模様 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵

上野・国立東京博物館の特別展「きもの KIMONO」は、鎌倉時代から現代にいたるきものを総覧する大規模展覧だ。信長・家康・篤姫らが着用したきものや、尾形光琳直筆の“小袖”、江戸時代の「婦女遊楽図屛風(松浦屛風)」などきものを描いた国宝絵画、さらに岡本太郎といった現代アーティストが手がけたきものなど、200件以上が集結する。

会期:2020年4月14日(火)~6月7日(日)
会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)

「ファッション イン ジャパン」国立新美術館&島根県立石見美術館

「ファッション イン ジャパン」国立新美術館&島根県立石見美術館
「田中千代グランド・ファッション・ショウ」
大阪、1952年 国立新美術館蔵

東京・国立新美術館と島根県立石見美術館の「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」では、戦中戦後のもんぺや国民服から、グローバルに活躍した森英恵ら日本人デザイナーの作品、そしてカワイイ(Kawaii)文化まで、日本のファッションを包括的に紹介。衣服のみならず、写真や雑誌などを通して、衣服をつくる者とまとう者、そしてメディアの軸から、ファッションを社会現象とともに読みとく。

・東京展
会期:2020年6月3日(水)~8月24日(月)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22−2)
・島根展
会期:2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
会場:島根県立石見美術館(島根県益田市有明町5-15 島根県芸術文化センター「グラントワ」)

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」Bunkamura ザ・ミュージアム

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」Bunkamura ザ・ミュージアム
ソール・ライター 《薄紅色の傘》 1950年代、発色現像方式印画
©Saul Leiter Foundation

50年代からNYでファッション・フォトグラファーとして活躍したのち、晩年は"カラー写真のパイオニア"と呼ばれた写真家ソール・ライター。渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」では、《薄紅色の傘》などのカラー写真を含む未発表作品約110点を展示し、創作の秘密をひもとく。

会期:2020年1月9日(木)〜3月8日(日)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)

「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館

「ピーター・ドイグ展」東京国立近代美術館
《のまれる》 1990年、油彩・キャンバス、197×241cm、ヤゲオ財団蔵
©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C3006

ロマンティックかつミステリアスな風景を描く、イギリスの現代画家ピーター・ドイグを取り上げる初の個展が、東京国立近代美術館で開催。代表作の油彩画《のまれる》を筆頭に、活動の初期から最新にわたる作品約70点を展示し、鑑賞者の想像力や記憶を刺激する独特の作風をたどる。

会期:2020年2月26日(水)〜6月14日(日)
会場:東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)

「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」東京・国立新美術館

「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」東京・国立新美術館
しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》2017年、作家蔵 ※展示替え予定あり

六本木・国立新美術館の「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」は、日本の古典美術と現代美術を合わせて紹介することで、その豊かさと魅力を探る展覧会だ。江戸時代以前の巨匠には葛飾北斎や尾形乾山、伊藤若冲、対する現代作家にはしりあがり寿や皆川明、河内倫子らの名が連なるほか、横尾忠則や菅木志雄の作品も展示する。

会期:2020年3月11日(水)〜6月1日(月)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)

「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館&山口県立美術館

「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館&山口県立美術館
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》 1910-11年 
マルムー美術館蔵
Malmö Art Museum, Sweden

1900年前後、新しい芸術とは距離をとり、古びた室内や街並みを独自の静謐なスタイルで描いたデンマーク人画家、ハマスホイ。東京都美術館の「ハマスホイとデンマーク絵画」は、ハマスホイの絵画約40点を展示するとともに、クロイアをはじめとする19世紀デンマーク絵画を初めて本格的に紹介する展覧会だ。東京展終了後は、山口県立美術館へ巡回する。

・東京展
会期:2020年1月21日(火)〜3月26日(木)
会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
・山口展
会期:2020年4月7日(火)〜6月7日(日)
会場:山口県立美術館(山口県山口市亀山町3-1)

「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」東京・原美術館

「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」東京・原美術館
森村泰昌、映像作品《エゴオブスクラ》より(参考写真)、2020年、撮影:福永一夫
©Yasumasa Morimura

巧みなメイクや衣装により、ゴッホの絵画や歴史上の人物に扮するアーティスト、森村泰昌。品川・原美術館の「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」では、自らマリリン モンローや三島由紀夫を演じる映像や、マネの絵画《オランピア》を参照した作品を展示し、近現代日本における「私」とは何か?という問いへと迫る。

なお品川の原美術館は、2020年12月末をもって閉館する。かつての邸宅を活用した静謐な空間での鑑賞体験を、ぜひ味わってみてはいかがだろう。

会期:2020年1月25日(土)〜4月12日(日)
会場:原美術館(東京都品川区北品川4-7-25)

京都

「アンディ・ウォーホル・キョウト」京都市京セラ美術館

「アンディ・ウォーホル・キョウト」京都市京セラ美術館
アンディ・ウォーホル《三つのマリリン》1962年、アンディ・ウォーホル美術館所蔵
© The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

2020年3月に開館する京都市京セラ美術館では、“ポップアートの旗手”アンディ・ウォーホルの京都初となる本格的回顧展を開催。《三つのマリリン》や「死と惨事」シリーズの《ツナ缶の惨事》といったシルクスクリーン作品や、日本の金箔技法を組み合わせた《孔雀》など、日本初公開100点以上を含む約200点の作品を通して、ウォーホルの内面へと迫る。

会期:2020年9月19日(土)〜2021年1月3日(日)
会場:京都市京セラ美術館(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)

「美人のすべて」京都・福田美術館

「美人のすべて」京都・福田美術館
上村松園 「雪女」

2019年10月に開館した福田美術館。その第2弾となる展覧会「美人のすべて」では、鏑木清方や、京都を代表する日本画家・上村松園など、東西の画家による美人画が集結する。とくに、松園の《雪女》原画は今回が初公開。艶やかな美人画を得意とする松園には異色の、線や色彩を抑えた表現を楽しんで。

会期:2020年1月29日(水)~3月8日(日)
会場:福田美術館(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16)

Photos(15枚)

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像1 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像2 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像3 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像4 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像5 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像6 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像7 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像8 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像9 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像10 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像11 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像12 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像13 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像14 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像15

Photos(15枚)

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像1 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像2 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像3 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像4 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像5 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像6 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像7 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像8 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像9 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像10 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像11 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像12 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像13 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像14 おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール 画像15

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

スターバックス新作メニュー情報まとめ - フラペチーノやスイーツ、グッズも
スターバックス新作メニュー情報まとめ - フラペチーノやスイーツ、グッズも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
<2020年>関西の苺ビュッフェ特集、大阪や京都のホテルで楽しむいちごスイーツ食べ放題
<2020年>関西の苺ビュッフェ特集、大阪や京都のホテルで楽しむいちごスイーツ食べ放題

スケジュール

「特別展 りぼん」京都・長野・佐賀で、さくらももこや矢沢あい、一条ゆかりなどの原画やふろく
1月23日(木)~2月12日(水)開催
「特別展 りぼん」京都・長野・佐賀で、さくらももこや矢沢あい、一条ゆかりなどの原画やふろく
企画展「柳宗理デザイン 美との対話」島根県立美術館で、戦後の代表的デザイナーの作品600点以上
1月24日(金)~3月23日(月)開催
企画展「柳宗理デザイン 美との対話」島根県立美術館で、戦後の代表的デザイナーの作品600点以上
「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点
1月25日(土)~3月29日(日)開催
「ラウル・デュフィ展」パナソニック汐留美術館で、ポール・ポワレに提供した絹織物や絵画など152点
「ゴッホ展」東京&兵庫で開催 - ゴッホ独自の作風に導いたハーグ派&印象派との出会い
1月25日(土)~3月29日(日)開催
「ゴッホ展」東京&兵庫で開催 - ゴッホ独自の作風に導いたハーグ派&印象派との出会い
森村泰昌「さまよえる私とは?」問う展覧会、原美術館で - マネの絵画や著名人に扮する映像&写真
1月25日(土)~4月12日(日)開催
森村泰昌「さまよえる私とは?」問う展覧会、原美術館で - マネの絵画や著名人に扮する映像&写真
 スケジュール一覧