menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開

展覧会「没後70年 吉田博展」が、京都高島屋にて、2021年1月18日(月)まで開催。その後、1月26日(火)から3月28日(日)まで、東京都美術館に巡回する。

水の流れ、移ろう光

吉田博《瀬戸内海集 光る海》木版・紙、大正15(1926)年
吉田博《瀬戸内海集 光る海》木版・紙、大正15(1926)年

吉田博は、明治から昭和にかけて活躍した風景画家だ。福岡・久留米に生まれた吉田博は、風景に取材し自然に溶け込むことで体得した自然観と高い技術でもって、水彩・油彩で才能を発揮した。そして49歳の時に、西洋画に見られる微妙な陰影を版画で表現しようと自らの工房を構え、木版画の制作を開始したのであった。

吉田博《瀬戸内海集 帆船 朝》木版・紙、大正15(1926)年
吉田博《瀬戸内海集 帆船 朝》木版・紙、大正15(1926)年

展覧会「没後70年 吉田博展」では、後半生の大仕事として手掛けられた木版画作品の数々を一挙公開。吉田博の歩みに沿って、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した、独自の木版画表現とそれにかける情熱を紹介する。

繊細な表現

吉田博《瀬戸内海集 帆船 夕》木版・紙、大正15(1926)年
吉田博《瀬戸内海集 帆船 夕》木版・紙、大正15(1926)年

吉田博が木版画において探求したのは、流れては姿を変える水や刻一刻と移ろう光を繊細に描くことであった。そうした姿勢は、例えば「帆船」シリーズに見て取れる。同じ版木を用いて摺色を替える技法「別摺」により、朝、霧、夕、夜と、時間とともに移ろう大気の状態や光の変化が、細やかに表現されている。

多岐にわたる主題

吉田博《日本アルプス十二題 劔山の朝》木版・紙、大正15(1926)年
吉田博《日本アルプス十二題 劔山の朝》木版・紙、大正15(1926)年

また、幅広い主題にも着目したい。《劔山の朝》に見るような日本アルプスの山々や富士山といった壮大な景観のみならず、《神樂坂通 雨後の夜》などの東京や日本各地の懐かしさの漂う風景、そして身近な人や花鳥にいたるまで、多岐にわたる主題を目にすることができそうだ。

展覧会概要

展覧会「没後70年 吉田博展」
■東京会場
会期:2021年1月26日(火)~3月28日(日) 会期中に一部展示替えあり
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
休室日:月曜日
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室30分前まで)
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
観覧料:
・前売券 一般 1,400円、大学生・専門学校生 1,100円、高校生 600円、65歳以上 800円
・当日券 一般 1,600円、大学生・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円
※前売券は、2021年1月12日(火)10:00~1月25日(月)に販売
※中学生以下は無料(要証明)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳の所持者と付添者1名までは無料(要証明)
※事前予約なしで観覧可(混雑時には入場制限を行う場合あり)
※展示作品・会期・開室時間などは変更となる場合あり(最新情報は展覧会サイトなどを確認)

■京都会場
会期:2021年1月5日(火)~1月18日(月)
会場:京都高島屋
住所:京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52
開場時間:10:00〜20:00(1月18日(月)は17:00まで)
※入場は閉場30分前まで
入場料:一般 1,000円(800円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下 無料
※いずれも税込
※( )内は団体10名以上の割引料金
※障がい者手帳の提示者本人、および同伴者1名まで入場無料
※ウェブでの事前予約を実施

■埼玉会場〈開催見合わせ・会期未定〉
会場:川越市立美術館
住所:埼玉県川越市郭町2丁目30-1

■終了した会場
・山梨会場
会期:2019年10月26日(土)~12月22日(日)
会場:河口湖美術館
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口3170
・福岡会場
会期:2020年10月16日(金)~12月13日(日)
会場:福岡県立美術館
住所:福岡県福岡市中央区天神5丁目2-1

Photos(8枚)

風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像1 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像2 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像3 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像4 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像5 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像6 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像7 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像8

Photos(8枚)

風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像1 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像2 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像3 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像4 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像5 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像6 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像7 風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡の美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡の美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品

スケジュール

東京・資生堂ギャラリー、現代社会の“境界”をテーマにした展覧会 - 5組の女性アーティストを紹介
2021.1.16(土)~2021.4.18(日)
東京・資生堂ギャラリー、現代社会の“境界”をテーマにした展覧会 - 5組の女性アーティストを紹介
ペインター・千葉正也の個展、東京オペラシティ アートギャラリーで - 溶解する“絵画と彫刻の境界”
2021.1.16(土)~2021.3.21(日)
ペインター・千葉正也の個展、東京オペラシティ アートギャラリーで - 溶解する“絵画と彫刻の境界”
スヌーピーミュージアムの新企画展「スヌーピーと、きょうだい。」個性豊かなきょうだいに纏わる原画45点
2021.1.16(土)~2021.7.11(日)
スヌーピーミュージアムの新企画展「スヌーピーと、きょうだい。」個性豊かなきょうだいに纏わる原画45点
写真家・石元泰博の回顧展、高知県立美術館で - 代表作「桂離宮」などから迫る“透徹したまなざし”
2021.1.16(土)~2021.3.14(日)
写真家・石元泰博の回顧展、高知県立美術館で - 代表作「桂離宮」などから迫る“透徹したまなざし”
写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が東京&名古屋で、SNSで活躍する16組が参加
2021.1.16(土)~2021.2.14(日)
写真展「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」が東京&名古屋で、SNSで活躍する16組が参加
 スケジュール一覧