TAKUMI HATAKEYAMA

タクミ ハタケヤマ

タクミ ハタケヤマについて

タクミ ハタケヤマのデザイナーは、畠山巧(Takumi Hatakeyama)。1985年、東京モード学園卒業。89年、ライセンスビジネスのため、フランスに渡る。

94年、自身のブランド「T・H・D La maison(テ アッシュ デ ラメゾン)」で東京コレクションデビュー。以後、年2回東京コレクションにて発表。

2001年、東京ファッションデザイナー協議会に入会。2002年、中国の七匹狼集団とデザイン契約をし、チーフディレクターに就任。これは日本人初のことであった。2004年ニューヨーク・コートリー展に出展。2007年、中国の北京にて「JFF 2007 CHIC」に参加。

「心で着たい服」がブランドのコンセプト。シャープで構築的なデザインを提案する。畠山巧は、デザインする際、日常の中で受けたインスピレーションをもとに、一気にイラストを書いていくという。その数は膨大なもので、その中から良いものをデザインに落としていく。

「T・H・D La maison」のコレクションも含めると過去、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ボンドガール」「モーツァルト」などをテーマにユニークなコレクションを制作した。

リンゴの皮をテーマにした2009A/Wシーズンは、「リンゴの皮」からインスピレーションを受け、ナイフでむいたときの形(少し丸みのある細長い長方形)を全長15メートルのニットで作り出し、その素材を巻くようなかたちでエレガントなドレスを作り出した。

その他、出光石油の制服を手掛けるなど、マルチに活躍している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.thd-la-maison.com/

Data - タクミ ハタケヤマの関連データ

用語: メゾン ハイエンド モード ヨーク ブランド: ガント テ アッシュ デ ラメゾン

ブランド・デザイナー紹介