MARTIN BRAUN

マーティン ブラウン

ブランドのはじまり

1998年、自身の名を冠したブランドを創業。

マーティン ブラウンについて

マーティン ブラウン。1964年、ドイツ生まれ。幼いころから宇宙に対して興味を持つ。これが後の彼の天文学を取り入れた時計製作に繋がる。

フォルツハイムの時計学校を首席で卒業。1991年にマスターウォッチメーカーの資格を取得。学校を卒業した後はアンティークウォッチの修復分野でも活躍した。

98年、自身の名を冠して「マーティン・ブラウン」という名前の時計製造会社を設立。2001年「EOS(イオス)」を発表。これは「日の出」や「日の入」の時刻を正確に表示することを可能にした画期的な時計。その後、イオスを進化させ、平均太陽時と真太陽時の差を示す均時差表示を加えた時計「ボレアス」を発表。

マーティン ブラウンと言えば「天文時計」と呼ばれるほどで、天文学に対する知識が深い。ムーンフェイズや、日の出、日の入りをレトログラードで表現した時計が有名。

2006年、ピエール クンツロドルフバックス&ストラウス、バルトレイなどを抱えるフランク ミュラーのグループ、ウオッチランドに入る。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.martin-braun.com/

ブランド・デザイナー紹介