menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

TROVEトローヴ

ブランドのはじまり

2004年、トローヴを設立。

トローヴについて

トローヴ(TROVE)は日本のメンズブランド。

ブランド名の「TROVE」は英語で「貴重な収集品」の意味。「時を経ても貴重なアンティークのような服を作る」「古着の様に洋服でありながら収集物でありたい」という想いがこめられている。

ブランドのコンセプトは「ミニマムヒッピー」、「NEWTROSPECTIVE(new + retrospective、ニュートロスペクティブ)」。主に60年代、70年代のサブカルチャーなどアンティーク、ヴィンテージコレクションからインスピレーションを受けている。

ヒッピーといっても、いわゆるヒッピースタイルとは異なる。優しいシルエットや色、素材使いなどに影響が伺えるが、60年代の音楽シーンなどに影響を受けた、ミニマルかつヴィンテージなイメージが強い。

トローヴの沿革・歴史

2004年、上出大輔(Daisuke Kamide)がデザイナーとして「トローヴ(TROVE)」をスタート。

2008年春夏東京コレクションでは、展示形式でコレクションを発表。2008年秋冬シーズンの東京コレクションで初めてランウェイ形式でコレクションを発表。

2013年春夏コレクションをもって上出大輔が退任。トローヴのクリエーションは、デザインチームが引き継いでいる。

2014年、トローヴの別ラインとして「和ROBE(ワローブ)」をスタート。ブランド名は和服の和とROBE(長くゆったりした衣服)を合わせた造語。昔から普段着として親しまれた浴衣を、現代でもより身近な物として生活に取り入れることを提案する。

2015年頃より、”トローヴアクティブライン(TROVE ACTIVE LINE)”をスタート。2018年春夏より本格始動。"TROVE ACTIVE”という名の通り、コンセプトは快適なアクティブウエアを提案すること。”シーズン&シーン"に対応するウエアを不定期に展開している。

2020年2月、トローヴアクティブライン(TROVE ACTIVE LINE)のブランド名をトロヴァーテックス(TROVERTEX)に変更。プロダクトは岐阜県の自社縫製工場の職人が手がけており、
企画からサンプル製作、修正、量産に至るまで全ての工程を管理することで、常にアップデートを図る。

公式サイト

http://www.trove.co.jp/

Collections - トローヴのコレクション

News - トローヴのニュース

Shop - トローヴ 店舗・取り扱いコーナー

関東

レイ
群馬県高崎市八島町14
亜洲'S
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-452
トローヴ ショップ
東京都渋谷区神南1-9-10
シェルター
東京都渋谷区恵比寿西2-2-5

東海

マッツ
静岡県浜松市中区田町328-2
ウェアメンズ
シナプス
愛知県春日井市篠木町7-24-13

近畿

サンバナチュラル
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11
ウェアメンズ
インセンス
兵庫県神戸市中央区元町通3-9-8

中国

サイコボックス ラボ 米子
鳥取県米子市角盤町1-27-6
メンズ
キャッスル
山口県山口市駅通り2-1-16
クルバス
山口県山口市駅通り2-1-16

四国

リバーブ
香川県高松市瓦町2-12-16

九州

ロイター
福岡県福岡市中央区今泉2-1-10

Shop Search - トローヴ 店舗・取り扱いコーナー検索

トローヴ取り扱い店舗・コーナー

関連用語

関連ブランド

スケジュール

yama初の大規模ライブツアー、東京・大阪・福岡・愛知・宮城・広島・北海道・香川で
2021.10.21(木)
yama初の大規模ライブツアー、東京・大阪・福岡・愛知・宮城・広島・北海道・香川で
HAKU“美白&乾燥ケア”できるロールオンタイプの新オイル限定発売
2021.10.21(木)
HAKU“美白&乾燥ケア”できるロールオンタイプの新オイル限定発売
「ベネフィーク リュクス」“ハリ肌”へ導く新スキンケア・ベースメイクライン誕生
2021.10.21(木)
「ベネフィーク リュクス」“ハリ肌”へ導く新スキンケア・ベースメイクライン誕生
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る