DAIDO MORIYAMA

森山大道

森山大道について

森山大道(DAIDO MORIYAMA)は日本の写真家。1938年大阪池田町生まれ。
フリーの商業デザイナーを経て、写真家・細江英公のアシスタントを務め1964年に独立。1968年、ブレ・ボケ・アレと称される前衛的写真の先陣を切り、『にっぽん劇場写真帖』(室町書房)を発表。以降、写真という概念、制度の最大限までの拡張・解体を試みる。

かつてより世界的評価も高く、1999年のサンフランシスコ近代美術館を皮切りに2年にわたる全米を回った回顧展や、2003年パリ・カルティエ現代美術館での個展など、海外でも大規模な展覧会を多数開催。

2012年、テート・モダン(ロンドン)にて「William Klein / Daido Moriyama」が開催。

[ 続きを読む ]

Data - 森山大道の関連データ

ブランド: カルティエ

ブランド・デザイナー紹介