Hiroshi Sugimoto

杉本博司

杉本博司について

杉本博司(Hiroshi Sugimoto)は写真家、現代美術作家。世界各地の美術館で個展を開催している。代表作に自然史博物館のジオラマを撮影した「ジオラマ」シリーズ(76年~)、全米の映画館などで撮影した「劇場」シリーズ (76年~)、世界各地の海を同じ手法で撮影した「海景」シリーズ(80年~)などがある。

「スタイアラズド スカルプチャー(Stylized Sculpture)」シリーズではマドレーヌ ヴィオネ、ガブリエル シャネル、クリストバル バレンシアガイヴ・サンローラン、三宅一生(イッセイ ミヤケ)、山本耀司(ヨウジ ヤマモト)、川久保玲(コム デ ギャルソン デザイナー)など、20世紀を代表するファッションをカメラの眼でとらなおした。

杉本博司(Hiroshi Sugimoto)は、1948年、東京、下町に生まれる。立教大学経済学部卒業。その後アメリカに渡る。ロサンジェルスのアートセンター カレッジ オブ デザイン卒業後、74年よりニューヨーク在住。

2009年建築設計事務所「新素材研究所」を東京に開設、静岡県長泉町に IZU PHOTO MUSEUM を設計する。2011年、主宰する小田原文化財団が公益法人として認可され、財団の活動として「杉本文楽曾根崎心中付けたり観音廻り」を神奈川芸術劇場にて公演する。

1988年、毎日芸術賞、2000年、パーソンズ スクール オブ デザイン、ニューヨーク、名誉博士号。2001年、ハッセルブラッド国際写真賞受賞。2009年、高松宮殿下記念世界文化賞、2010年、紫綬褒章。

作品所蔵美術館 はメトロポリタン美術館(ニューヨーク)、テートギャラリー(ロンドン)、ポンピドゥーセンター(パリ)、東京国立近代美術館など多数。建築にも造詣が深 く、99~2002年にかけては「ベネッセアートサイト直島」の護王神社再生プロジェクトに携わった。

主な著書に「歴史の歴史」(新素材研究所)、「空間感」(マガジンハウス)、「苔のむすまで」「現(うつつ)な像」(新潮社)がある。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介