menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介

「琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳」が、京都の細見美術館にて2022年4月23日(土)から6月19日(日)まで開催される。2021年には富山や長野でも開催された、巡回展だ。

琳派の精神を継承、近代京都の画家・神坂雪佳にフォーカス

神坂雪佳 『百々世草』より「狗児」 明治42~43年(1909~10)刊 細見美術館蔵
神坂雪佳 『百々世草』より「狗児」 明治42~43年(1909~10)刊 細見美術館蔵

「琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳」は、江戸時代に花開いた日本美術の精華「琳派」のスピリットを継承しつつ、近代京都にて図案家・画家として活躍した神坂雪佳に焦点を当てる展覧会。

神坂雪佳 《金魚玉図》 明治末期 細見美術館蔵
神坂雪佳 《金魚玉図》 明治末期 細見美術館蔵

本阿弥光悦や尾形光琳といった琳派の活動や作風に共感した神坂雪佳は、四季の草花や古典⽂学、節句・吉祥モチーフ、動物など日本で長らく愛されてきたテーマを多く描いた。四条派に学んだ描写力をベースに、ゆったりとした描線や明快な色彩、たらし込み、デフォルメといった琳派の手法を操り、大らかな独自の絵画様式を構築した。

神坂雪佳 『百々世草』原画より「八つ橋」 明治42年(1909)頃 芸艸堂蔵
神坂雪佳 『百々世草』原画より「八つ橋」 明治42年(1909)頃 芸艸堂蔵

また、絵画だけでなく染織、陶芸、漆芸、室内装飾や庭園に至るまで、多彩なデザインや、工芸・美術作品を残している。例えば、木版多色摺による図案集『百々世草』は、色鮮やかで明快な雪佳様式の到達点を示す代表作。この中の「⼋つ橋」は、エルメス社の2001年の季刊誌の表紙に採用されている。

本阿弥光悦や尾形光琳など琳派の系譜を辿る展示も

加えて、会場では、琳派の創始まで遡り、本阿弥光悦や俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱⼀など、江戸琳派の作品や、雪佳が愛蔵していた深江芦舟、中村芳中の作品も展示。琳派初期から神坂雪佳に至るまでの300年の流れも辿っていく。

【詳細】
「琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳」
会期:2022年4月23日(土)~6月19日(日)
前期 4月23日(土)~5月22日(日)/後期 5月24日(火)~6月19日(日)
会場:細見美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
入館料:一般 1,500円、学生 1,200円
※状況により、止むを得ず会期・営業日時等を変更する場合あり。詳細はホームページにて告知。

【問い合わせ先】
細見美術館
TEL:075-752-5555

Photos(10枚)

展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真1 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真2 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真3 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真4 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真5 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真6 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真7 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真8 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真9 展覧会「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」細見美術館で、琳派の系譜を継ぐ近代絵画&工芸を紹介|写真10

Photos(10枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語