menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. ホーム   /  
  2. ニュース   /  
  3. 江戸時代に関するまとめ

News江戸時代の関連ニュース

「スポーツ NIPPON」東京国立博物館で - 美術作品などから探る、日本スポーツの源流と歩み
…芸品や近現代のスポーツ資料などを展示し、江戸時代以前と明治時代以降の日本スポーツの源流と発展をたど…
特別展「畠山記念館の名品─能楽から茶の湯、そして琳派─」京都国立博物館で、東洋古美術の名品が一堂に
…持した名画《煙寺晩鐘図》(国宝)、秀吉や江戸時代の代表的茶人・松平不昧が所持した名物茶入《唐物肩衝…
細見美術館“江戸のファッション”に着目したコレクション展 - 北斎らの絵画からみる江戸の装い
…こともある細見美術館のコレクションから、江戸時代の人びとの美意識や、個性豊かなファッションを垣間見…
「香りの器 展」京都・秋田で - ラリックほか、古今東西の香油瓶&香水瓶など約200点
…は「香道」という芸術に高められた。そして江戸時代には、漆工芸を中心に香道具が盛んに制作され、香りの…
「ヴィソン」三重・多気町に日本最大級の商業リゾート施設 - ホテルや温浴施設、巨大産直市場など
…中央に位置する山に囲まれた町。近隣には、江戸時代に建造され、三重県内の溜池の中では現在でも最大規模…
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
…正から昭和時代に描かれた木版画のことだ。江戸時代にはメディアとして流通していた浮世絵は、明治時代以…
柳楽優弥&田中泯にインタビュー、映画『HOKUSAI』芸術家・葛飾北斎の魅力とは?
…は、大変なことだと思います。だからこそ、江戸時代にぐっと方向を変えた北斎の姿勢は、現代にも決定的に…
映画『HOKUSAI』柳楽優弥&田中泯W主演 - 葛飾北斎の知られざる素顔を初映画化
…府によって風俗が厳しく取り締まられていた江戸時代後期において、町人文化を彩った浮世絵もまた規制の…
新ホテル「ビャクナライ」長野・奈良井宿に、酒造など歴史的建造物を改修した古民家ホテル
…トする。四方を山々に囲まれた奈良井宿は、江戸時代に中山道の宿場町として栄え、独特の歴史や文化を形づ…
企画展「浮世絵風景画」町田市立国際版画美術館で - 広重・清親・巴水の風景版画を一挙紹介
…画家がいかにして表現してきたのかを探る。江戸時代後期に旅行や行楽への関心が高まるなか、風景を描いた…
「再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-」文化学園服飾博物館で、古墳~明治時代の時代衣裳
…都染織祭のために復元された、古墳時代から江戸時代後期までの女性の時代衣裳を展示。彩り豊かな飛鳥・奈…
企画展「京(みやこ)のファンタジスタ」福田美術館・嵯峨嵐山文華館で - 若冲や同時代の京都の画家を紹介
…たちの作品を展示し、その魅力を紹介する。江戸時代の京都には、四条通り界隈を中心に多くの画家が暮らし…
とらや「和菓子の日」“夏バテ防止”黒砂糖を使った羊羹や3色饅頭など限定和菓子
…)」という行事にちなんだ菓子。「嘉祥」は江戸時代には重要な行事とみなされ、特に幕府では、江戸城大広…
特別展「The SAMURAI ─サムライと美の世界─」岡田美術館で、武士をテーマに絵画・工芸品を紹介
…とができる。戦国時代以前の「戦の時代」と江戸時代の「泰平の世」では、武士の役割が異なった。凄惨な合…
展覧会「映えるNIPPON」府中市美術館で - “名所”を描いた、江戸〜昭和の絵画・版画などを紹介
…景画を手がけた“昭和の広重”川瀬巴水ら、江戸時代から続く浮世絵木版画の伝統の上で、名所を描いた画家…
山種美術館、珠玉の浮世絵・江戸絵画を紹介する所蔵品展 - 北斎・広重らの浮世絵や琳派作品など
…る広重《東海道五拾三次》(保永堂版)は、江戸時代以来セットで伝わる貴重な全56枚の揃いであり、最初…
特別展「蒔絵の時代」MIHO MUSEUMで、金粉装飾の伝統漆器"蒔絵"の変遷
…」では、蒔絵が大きく展開した近世初頭から江戸時代前半の作品を中心に、伝統的蒔絵師と蒔絵屋の流れに繋…
展覧会「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」東京ほかで - 北斎や若冲などから辿る、日本絵画の変遷
…る。美人画や役者絵に代表される浮世絵は、江戸時代に大都市へと成長した江戸で誕生した、新しい芸術だ。…
映画『燃えよ剣』岡田准一が土方歳三役に - 司馬遼太郎の小説を映画化
…む【伝説(レジェンド)】となったのか―?江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復…
「花ひらく町衆文化 ─近世京都のすがた」京都文化博物館で - 絵画などから探る、近世京都と町人の生活
…は、この屏風を中心に絵画や資料を展示し、江戸時代において京都という都市がいかに表され、そこで人びと…
特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの
…2021年4月24日(土)をもって閉幕。江戸時代の画家・尾形光琳の「燕子花図屏風」は、群生するカキ…
「UKIYO-E KURASHIKI/国芳館」“世界初”歌川国芳のミュージアムが岡山・倉敷に
…国芳館」が岡山・倉敷に開館。歌川国芳は、江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人。江戸日本橋の染物屋の…