menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開

箱根のポーラ美術館では、企画展「ポーラ美術館開館20周年記念展 モネからリヒターへ ─ 新収蔵作品を中心に」を、2022年4月9日(土)から2022年9月6日(火)まで開催する。

ポーラ美術館のコレクションを紹介

ゲルハルト・リヒター《抽象絵画(649-2)》1987年 油彩/カンヴァス 200.7×200.8cm
ゲルハルト・リヒター《抽象絵画(649-2)》1987年 油彩/カンヴァス 200.7×200.8cm
© Gerhard Richter 2021 (20102021)

企画展「ポーラ美術館開館20周年記念展 モネからリヒターへ ─ 新収蔵作品を中心に」は、ポーラ美術館のコレクション作品を、近年新たに収蔵した作品とともに紹介する初の展覧会だ。従来のコレクションの中核をなす西洋と日本の近代美術から、近代と現代を橋渡しする戦後の日本や欧米の絵画、そして同時代作家による現代美術まで、幅広い作品を2部構成で展示する。

日本や西洋の近代美術

クロード・モネ《睡蓮》1907年 油彩/カンヴァス 93.3×89.2cm
クロード・モネ《睡蓮》1907年 油彩/カンヴァス 93.3×89.2cm

第1部では、従来のコレクションと、これを拡充する新収蔵作品を、テーマや時代、作家ごとに紹介。コレクションの中心となる印象派絵画からは、モネの《睡蓮》をはじめとする水辺の風景、ルノワールやレジェの女性像、セザンヌの静物などをテーマごとに展示する。また、日本の近代洋画についても、岸田劉生や関根正二ら大正の洋画、レオナール・フジタ(藤田嗣治)や松本竣介など、時代や流派、作家ごとに目にすることができる。

近代と現代をつなぐ新収蔵作品

モーリス・ルイス《ベス・ザイン》1959年 マグナ・アクリル/カンヴァス 252.2×359.4cm
モーリス・ルイス《ベス・ザイン》1959年 マグナ・アクリル/カンヴァス 252.2×359.4cm

一方、第2部で紹介するのは、従来のコレクションには含まれていない、近代と現代を接続する作家による作品。ゲルハルト・リヒターをはじめ、モーリス・ルイスやヘレン・フランケンサーラーなど欧米の抽象絵画に加えて、山口長男や猪熊弦一郎といった戦後日本の抽象絵画、ジャン・デュビュッフェや白髪一雄など絵画の物質性を探求した画家の作品を公開する。

「光」をテーマに

ヴィルヘルム・ハマスホイ《陽光の中で読書する女性、ストランゲーゼ30番地》1899年 油彩/カンヴァス 46.2×51.0cm
ヴィルヘルム・ハマスホイ《陽光の中で読書する女性、ストランゲーゼ30番地》1899年 油彩/カンヴァス 46.2×51.0cm

本展の主要なテーマとなるのが、「光」だ。たとえば、モネやルノワールら印象派の画家たちは、光の移ろいを絵画に描きとめようとしてきた。また、ゲルハルト・リヒターはシャイン(光=仮象)の表現を試み続けている。そのほか会場では、ヴィルヘルム・ハマスホイケリス・ウィン・エヴァンス杉本博司など、近代から現代に至る「光」にまつわる作品の数々を楽しむことができる。

開館以来最大規模となる超大型企画

ベルト・モリゾ《ベランダにて》1884年 油彩/カンヴァス 81.2×100.2cm
ベルト・モリゾ《ベランダにて》1884年 油彩/カンヴァス 81.2×100.2cm

さらに本展では、従来のコレクションと新収蔵のコレクションを一挙に紹介するため、館内の5つの展示室のみならず、2017年に新設された現代美術を展示するアトリウム ギャラリー、ロビー空間、そして森の遊歩道でも作品を展示。美術館の開館以来、最大規模となる超大型企画となる。

展覧会概要

企画展「ポーラ美術館開館20周年記念展 モネからリヒターへ ─ 新収蔵作品を中心に」
会期:2022年4月9日(土)~2022年9月6日(火) 会期中無休
会場:ポーラ美術館 展示室1~5、アトリウム ギャラリー、アトリウム ロビー、森の遊歩道
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:大人 1,800円、シニア割引(65歳以上) 1,600円、大学・高校生 1,300円、中学生以下 無料、障害者手帳の所持者および付添者(1名まで) 1,000円
※団体割引、各種前売券による割引あり

■主な出品作家
・ 第1部 コレクション+新収蔵作品
ベルト・モリゾ、クロード・モネ、ピエール゠オーギュスト・ルノワール、ロベール・ドローネー、ニコラ・ド・スタール、フェルナン・レジェ、ベン・ニコルソン、アンリ・マティス、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、関根正二、松本竣介、里見勝蔵
・第2部 新収蔵作品
ヴィルヘルム・ハマスホイ、ジャン・デュビュッフェ、モーリス・ルイス、ドナルド・ジャッド、ヘレン・フランケンサーラー、パット・ステア、ゲルハルト・リヒター、アニッシュ・カプーア、ケリス・ウィン・エヴァンス、ロニ・ホーン、スーザン・フィリップス、山口長男、山田正亮、難波田龍起、猪熊弦一郎、斎藤義重、白髪一雄、李禹煥 、田中敦子、中西夏之、中林忠良、杉本博司、三島喜美代

【問い合わせ先】
ポーラ美術館
TEL:0460-84-2111

Photos(10枚)

ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真1 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真2 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真3 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真4 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真5 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真6 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真7 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真8 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真9 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真10

Photos(10枚)

ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真1 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真2 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真3 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真4 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真5 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真6 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真7 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真8 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真9 ポーラ美術館の開館20周年記念展 - モネやリヒターなど、“光”をテーマに近代〜現代の作品を一挙公開|写真10

関連ショップ・スポット