menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など

現代のイギリスを代表するアーティスト、ケリス・ウィン・エヴァンス(Cerith Wyn Evans)による展覧会が、箱根・ポーラ美術館にて、2020年11月3日(火・祝)まで開催。同館ロビーの吹き抜けには、大型ネオン作品も展示される。

空間と呼応するネオン作品

ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm  展示風景:ポーラ美術館
ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm 展示風景:ポーラ美術館
©Ken KATO

ケリス・ウィン・エヴァンスは、光や音といった非物質的な素材を用いた作品を制作しているアーティストだ。映画作家デレク・ジャーマンのアシスタントを務めていた1970年代末、実験的な映像作品を発表して作家活動を開始したウィン・エヴァンスは、90年代以降、彫刻やインスタレーション、写真、映像など、多岐にわたる表現媒体で作品を手掛けてきた。なかでもネオンを使用した大型作品でよく知られる。

ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm  展示風景:ポーラ美術館
ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm 展示風景:ポーラ美術館
©Ken KATO

ウェールズ出身のウィン・エヴァンスは、ウェールズ語と英語という複数の言語にふれて育ち、翻訳がもつ不透明性に関心を抱いてきた。ウィン・エヴァンスの作品には、言語や認識、時間への意識が通底しており、ときに明確に「引用」されるかたちでも取り入れられるのだ。

国内美術館初の個展

ケリス・ウィン・エヴァンス《(A)=D=R=I=F=T》2015年 スピーカー、アンプ、メディアプレイヤー、鏡、ステンレススチール 展示風景:ポーラ美術館
ケリス・ウィン・エヴァンス《(A)=D=R=I=F=T》2015年 スピーカー、アンプ、メディアプレイヤー、鏡、ステンレススチール 展示風景:ポーラ美術館
©Ken KATO

「ケリス・ウィン・エヴァンス展」は、日本国内の美術館では初となる個展。代表作であるネオン作品に加え、音を発するモビール状の作品《(A)=D=R=I=F=T》、そして写真などを用いた平面作品や立体など、多岐にわたる表現を紹介する。

ロビー吹き抜けに大型ネオン作品

ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm  展示風景:ポーラ美術館
ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年 ネオン 378×319×191cm 展示風景:ポーラ美術館
©Ken KATO

なかでも注目は、ロビー吹き抜けに展示される大型ネオン作品《The illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》。 白く光を放ちながら圧倒的なスケールで浮遊するネオン作品は、近年のウィン・エヴァンスを象徴する仕事の1つだ。本展では、美術館の建築空間と呼応するかのような 、エレガントにして繊細な雰囲気に浸れそうだ。

美術館屋外「森の遊歩道」にも作品展示

ケリス・ウィン・エヴァンス《299792458 m/s》2004/2010年 ネオン 展示風景:ポーラ美術館
ケリス・ウィン・エヴァンス《299792458 m/s》2004/2010年 ネオン 展示風景:ポーラ美術館
©Ken KATO

また、美術館内の展示だけでなく、屋外の「森の遊歩道」内にも、幅約14mにもわたる大型ネオン作品《299792458 m/s》を設置。 箱根の豊かな自然の中を散策しつつ、ウィン・エヴァンスならではのネオン作品を楽しめる。

展覧会概要

展覧会「ケリス・ウィン・エヴァンス展」
会期:2020年6月7日(日)〜11月3日(火・祝)
会場:ポーラ美術館 ロビー、アトリウムギャラリー、森の遊歩道
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:無料(いずれも入館前の無料スペースでの展示)
※企画展・常設展を観覧する場合は要入館料(美術館ウェブサイトを参照)
※定休日なし(臨時休館あり)

■大型ネオン作品 展示情報
ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》
展示開始日:2020年9月7日(月)
展示場所:ポーラ美術館 ロビー

Photos(8枚)

「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像1 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像2 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像3 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像4 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像5 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像6 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像7 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像8

Photos(8枚)

「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像1 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像2 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像3 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像4 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像5 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像6 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像7 「ケリス・ウィン・エヴァンス展」ポーラ美術館で - 建築空間と呼応する“大型ネオン作品”など 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報

スケジュール

神戸ファッション美術館で「デンマーク・デザイン」展 - 磁器&家具など約200点でたどるデザイン史
2020.9.19(土)~2020.11.8(日)
神戸ファッション美術館で「デンマーク・デザイン」展 - 磁器&家具など約200点でたどるデザイン史
「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」京都各所を舞台にした国内外写真家の作品展
2020.9.19(土)~2020.10.18(日)
「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」京都各所を舞台にした国内外写真家の作品展
特別展「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」山種美術館で、ねこや子犬など“動物”の日本画約60点
2020.9.19(土)~2020.11.15(日)
特別展「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」山種美術館で、ねこや子犬など“動物”の日本画約60点
東京ステーションギャラリーで「もうひとつの江戸絵画 大津絵」展、江戸絵画として捉える“民衆の絵画”
2020.9.19(土)~2020.11.8(日)
東京ステーションギャラリーで「もうひとつの江戸絵画 大津絵」展、江戸絵画として捉える“民衆の絵画”
「古代エジプト展」東京・札幌など全国で - ミイラのCTスキャン結果を世界初公開、棺など約250点
2020.9.19(土)~2020.12.6(日)
「古代エジプト展」東京・札幌など全国で - ミイラのCTスキャン結果を世界初公開、棺など約250点
 スケジュール一覧