SOPHNET.

ソフネット

ブランドのはじまり

1998年、清永浩文により「SOPH.」設立。

ソフネットについて

ミニマムなデザインを軸に、洗練された日常着を求めてスタート。

サープラスの用途に忠実なディテールや、アウトドアの機能を追求した素材などに着目し、その高い機能性をカジュアルな日常着に採用したコレクションを展開。

その後も、和を意識した備長炭の素材をアパレルに取り入れるなど、日本人としての美意識をも感じさせる機能美を表現した。

ファッションに機能性を取り込むことが、都市生活者の快適なリアルクローズであるという理念は、その後のストリートファッションに少なからず影響を与え、革新的な視点が注目を浴びる。

その後、柳宗理やイームズといった異分野のクリエイションに着目したコレクションを展開。
ブランド名を「SOPH.」から「SOPHNET.」へ改名した2002年以降も、現代美術家の宮島達男や英国アートの巨匠、 ジュリアン・オピー、アメリカのジャック・ピアソンらとコラボレート。ファッションにアートを融合したウェアを次々と発表。

また近年では 「NIKE ACG」の遺産に、「SOPHNET.」がもつ洗練と簡潔を宿らせた「NIKE HERITAGE ACG」の1STコレクションを手掛ける。

2008年、藤原ヒロシと「uniform experiment(ユニフォームエクスペリメント)」をスタートする。

音楽、アート、インダストリアルデザイン…、様々なカルチャーからのエッセンスを一つのファッションとして体系的にまとめることで、ブランドのアイデンティティを確立。ストリート、アウトドア、トラディショナルなど、現代のメンズファッションには欠かせない要素をすべてトータルで併せ持つ、ドメスティックブランドの成熟に貢献した代表格として、今なお進化している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.soph.net/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ソフネット取り扱い店舗

Data - ソフネットの関連データ

用語: リアルクローズ ミニマム ブランド: NIKE イームズ

ブランド・デザイナー紹介