menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結

特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」が、山口県立美術館にて、2020年6月7日(日)まで開催される。

なお、東京都美術館では当初2020年3月26日(木)まで開催予定だったが、2020年3月末までの主催事業中止に伴い、3月13日(金)に閉幕。購入済みチケットの払い戻しは、展覧会特設ウェブサイトにて順次案内される。

デンマークを代表する画家・ハマスホイの絵画約40点が集結

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵
Nationalmuseum, Stockholm / Photo: Nationalmuseum
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵
Nationalmuseum, Stockholm / Photo: Nationalmuseum

1900年前後のヨーロッパ。それはモネやルノワールを筆頭とする印象派に続き、ピカソなどのキュビズムや、象徴主義、表現主義など、新しい芸術が激しく生まれる時代であった。そうした主流とは距離を置きつつ、古びた室内や街並みを独自の静かなスタイルで描いた画家がデンマークにいた──ヴィルヘルム・ハマスホイだ。

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》 1910-11年 
マルムー美術館蔵
Malmö Art Museum, Sweden
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》 1910-11年 
マルムー美術館蔵
Malmö Art Museum, Sweden

「ハマスホイとデンマーク絵画」では、17世紀オランダ絵画の影響が認められることから“北欧のフェルメール”とも称されるハマスホイの絵画が約40点集結。どこか初々しさも漂わせる《画家と妻の肖像、パリ》や、繊細に差し込む光が穏やかな室内に交わる《室内》や《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》など、モダンな感性を静けさのうちに発揮した作品が勢ぞろいする。

19世紀デンマーク絵画を本格的に紹介

ピーダ・イルステズ 《ピアノに向かう少女》 1897年 アロス・オーフース美術館蔵
ARoS Arhus Kunstmuseum / © Photo: Ole Hein Pedersen
ピーダ・イルステズ 《ピアノに向かう少女》 1897年 アロス・オーフース美術館蔵
ARoS Arhus Kunstmuseum / © Photo: Ole Hein Pedersen

また同展は、19世紀デンマーク絵画を本格的に取り上げる日本初の展覧会となる。素朴さを漂わせるクレステン・クプゲの《パン屋の傍の中庭、カステレズ》、印象派風の繊細な光の描写を取り込んだピーザ・スィヴェリーン・クロイアの《スケーイン南海岸の夏の夕べーアナ・アンガとマリーイ・クロイア》に加えて、ピーダ・イルステズ《ピアノに向かう少女》などの19世紀末に描かれた静謐な室内画も展示する。

絵画に漂う“心地よさ”

ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵
Art Museums of Skagen
ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵
Art Museums of Skagen

19世紀末コペンハーゲンでは、画家自身の家族をモデルにした絵画が人気を博した。ヴィゴ・ヨハンスンの《春の草花を描く子供たち》やヴィゴ・ヨハンスンの《きよしこの夜》には、集った家族が親密に交わる姿が、温かみのある作風で描かれている。

ヴィゴ・ヨハンスン 《きよしこの夜》 1891年 ヒアシュプロング・コレクション蔵
© The Hirschsprung Collection
ヴィゴ・ヨハンスン 《きよしこの夜》 1891年 ヒアシュプロング・コレクション蔵
© The Hirschsprung Collection

そうした“日常のささやかな幸福”の描写を通して、デンマークの人びとが大切にしているという「ヒュゲ(くつろぎ・心地よさ)」の文化を感じ取れる構成となっている。

展覧会概要

特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」
■山口展
会期:2020年5月26日(火)〜6月7日(日)
※当初は2020年4月7日(火)開幕予定だったが、開幕を延期
※展覧会を鑑賞するには整理券が必要。整理券配布時間:平⽇8:30〜16:00/土⽇8:30〜17:50
会場:山口県立美術館
住所:山口県山口市亀山町3-1
TEL :083-925-7788
開館時間:平日 8:40〜18:10(最終入場 16:00) / 土日 8:40〜20:00(最終入場 17:50)
休館日:会期中無休
観覧料:一般 1,500円、シニア(70歳以上)・学生 1,300円、18歳以下 無料
※入館時間帯は整理券配布による指定制
※県外からの来館は自粛のこと
※来館に際しての注意事項、および観覧方式に関しては、公式ホームページを参照

■東京展〈終了〉
会期:2020年1月21日(火)~3月13日(金)
※当初3月26日(木)まで開催予定だったが、2020年3月末までの主催事業中止に伴い会期を短縮して閉幕
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
※購入済みチケットの払い戻しに関しては、展覧会特設ウェブサイトにて順次案内

Photos(14枚)

特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真1 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真2 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真3 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真4 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真5 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真6 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真7 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真8 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真9 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真10 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真11 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真12 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真13 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真14

Photos(14枚)

特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真1 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真2 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真3 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真4 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真5 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真6 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真7 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真8 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真9 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真10 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真11 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真12 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真13 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結|写真14

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
2022.2.5(土)~2022.2.27(日)
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超
2022.2.11(金)~2022.3.21(月) 開催予定
日本画家・小早川秋聲の大回顧展、東京ステーションギャラリーで - 異色の戦争画《國之楯》など100点超
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
第14回恵比寿映像祭が東京都写真美術館ほかで -「スペクタクル後」をテーマに現代の映像表現を紹介
2022.2.4(金)~2022.2.20(日)
第14回恵比寿映像祭が東京都写真美術館ほかで -「スペクタクル後」をテーマに現代の映像表現を紹介
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作

スケジュール

特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
2022.1.26(水)~2022.4.17(日)
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
2022.1.28(金)~2022.4.3(日)
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
 スケジュール一覧