menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点

展覧会「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル」が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2021年12月7日(火)から2022年1月30日(日)まで開催される。

北欧フィンランドのライフスタイルとデザインに迫る展覧会

オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》1968年、ヌータヤルヴィガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》1968年、ヌータヤルヴィガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin

「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル」は、北欧フィンランドの人々の豊かなライフスタイルと、創造に満ちたデザインの数々を紹介する展覧会。

アンニカ・リマラ《「ヴェラクルス」ドレス、「クルーナ」テキスタイル》1968/1967年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna
アンニカ・リマラ《「ヴェラクルス」ドレス、「クルーナ」テキスタイル》1968/1967年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna

会場には、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、フィンランド・デザイン・ミュージアム、タンペレ市立歴史博物館など、フィンランド各地で継承されてきたコレクションから選りすぐった作品約250点と関連資料約80点が集結する。

豊かな自然に寄り添う彩りあふれたデザイン

アルヴァ・アアルト《キャンチレバーチェア 31(現:42 アームチェア)/パイミオサナトリウム竣工時のオリジナル製品》1931年、木工家具・建築設備社(トゥルク)、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin
アルヴァ・アアルト《キャンチレバーチェア 31(現:42 アームチェア)/パイミオサナトリウム竣工時のオリジナル製品》1931年、木工家具・建築設備社(トゥルク)、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin

豊かな自然に囲まれたフィンランドは、1917年にロシアから独立すると首都ヘルシンキを中心に近代化が進み、1930年代から1970年代にかけて多くのデザイナーやアーティスト、建築家が登場。「大いなる自然を忘れない」という考えに裏付けられた発想をもとに、彩りにあふれたデザインが続々と世に送り出されていった。

ナニー・スティル《氷山(プリズム)》1961年、リーヒマエンラシ社、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
ナニー・スティル《氷山(プリズム)》1961年、リーヒマエンラシ社、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin

また、冬が長く厳しい寒さの続くフィンランドでは、長期間の“おこもり生活”を心健やかに過ごすため、室内を明るく彩るデザインの力が不可欠。夏の太陽や、鮮やかな花々を思わせるテキスタイルのアイテムや、湖、氷河を連想させれるガラスプロダクト、光を室内に取り込む巧みな工夫を施した建築など、フィンランドの人々の暮らしに寄り添う形で、美しく豊かなデザイン・プロダクツが生み出されてきた。

マリメッコの生地やアルヴァ・アアルトのガラス工芸など

アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》1936年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》1936年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin

例えば、マリメッコ(marimekko)やフィンレイソン(Finlayson)の明るく華やかなテキスタイル、アルヴァ・アアルト、カイ・フランクといった巨匠たちのガラス工芸や陶磁器などは、フィンランドにとどまらず、日本でも根強い人気。会場には、50人以上のデザイナー、アーティストが手がけたデザイン・プロダクツや、家具、絵画などの美術作品が出展される。

マイヤ・イソラ《カンムリカイツブリ》1961年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin
マイヤ・イソラ《カンムリカイツブリ》1961年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin

マリメッコのカラフルなプリントテキスタイルを数多く手がけたマイヤ・イソラは、当時の新しいアートシーンと自然界からのイメージを落とし込んだ表情豊かなデザインが特徴的。マリメッコのアイコニックな花柄《ウニッコ》の考案者でもあり、《ウニッコ》の登場によって、当初花柄を一切禁止していたマリメッコの方針が覆った。

カイ・フランク《「BA キルタ」カップ&ソーサー他》1952-1975年、アラビア製陶所、ヘルシンキ市立博物館蔵、Photo/Yehia Eweis
カイ・フランク《「BA キルタ」カップ&ソーサー他》1952-1975年、アラビア製陶所、ヘルシンキ市立博物館蔵、Photo/Yehia Eweis

一方、“フィンランドデザインの良心”と称されるカイ・フランクがアラビア製陶所で生み出した《キルタ》は、機能性と実用性に優れたテーブルウェア。シンプルなデザインのため、足りないものだけを買い足して長く使い続けられるようになっており、現在も《ティーマ》シリーズとして生産が続く不朽の名作だ。生活に誰もが取り入れやすく、良質なデザインとして人々からの人気を集めた。

ドラ・ユング《子連れのアヒル》1955年、ドラ・ユング・テキスタイル、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Jean Barbier
ドラ・ユング《子連れのアヒル》1955年、ドラ・ユング・テキスタイル、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Jean Barbier

その他、「ムーミン物語」の生みの親でありイラストレーター、画家、漫画家、作家と多彩に活躍したトーベ・ヤンソンや、鳥や蝶といった身近なモチーフから、抽象的なモチーフまで色彩豊かな陶板作品を制作したルート・ブリュックといった世界的なアーティストから、日本ではまだあまり知られていないアーティストまで、多彩な作品が勢揃いする。

尚、「ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル」のナビゲーターは、ミナ ペルホネン(minä perhonen)のデザイナー、皆川明が務める。

【詳細】
ザ・フィンランドデザイン展 ―自然が宿るライフスタイル
会期:2021年12月7日(火)~2022年1月30日(日)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
時間:10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性あり。また、会期中の全ての土日祝、および最終週の1月24日(月)~30日(日)は「オンラインによる入場日時予約」が必要。来場の際は、最新情報の確認を推奨。
休館日:1月1日(土・祝)
入館料:
・前売 一般 1,500円
・当日 一般 1,700円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
※大学・高校生、中学・小学生は当日券のみ。
※学生券を購入する場合は、学生証の提示が必要(小学生は除く)。
※障がい者手帳の提示で本人と付添い1名は半額(一般 850円、大学・高校生 500円、中学・小学生 350円)。
※未就学児は入館無料。
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

■会期終了
会期:2021年6月26日(土)~8月29日(日)
会場:北九州市立美術館本館(福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1)

Photos(16枚)

「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真1 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真2 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真3 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真4 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真5 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真6 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真7 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真8 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真9 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真10 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真11 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真12 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真13 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真14 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真15 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真16

Photos(16枚)

「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真1 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真2 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真3 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真4 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真5 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真6 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真7 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真8 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真9 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真10 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真11 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真12 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真13 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真14 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真15 「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点|写真16

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
2021.9.14(火)~2021.11.7(日)
「グランマ・モーゼス展」名古屋・東京ほかで - “自然と日常”へのまなざしを描く絵画など約130点
上野リチの大回顧展が京都&東京で - ウィーンと京都で活躍したデザイナー、色彩豊かなその世界の全貌
2021.11.16(火)~2022.1.16(日) 開催予定
上野リチの大回顧展が京都&東京で - ウィーンと京都で活躍したデザイナー、色彩豊かなその世界の全貌
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧