marimekko

マリメッコ

ブランドのはじまり

マリメッコは、1951年、フィンランドにて設立。

マリメッコについて

マリメッコはアルミ・ラティア(Armi Ratia)と夫のヴィリオ・ラティア(Viljo Ratia)が創業したフィンランドのアパレル系ブランド。レディーズ・メンズウェア、子供服、バッグ、インテリアや食器などの生活雑貨など幅広く展開している。

1949年、ヴィリオの企業「Printex」(オイルクロスやプリントファブリックの会社)にアルミが入社。この企業の展開する製品用にアルミの友人のデザイナー、マイヤ・イソラ(Maija Isola)へデザインを依頼。戦後、どちらかというとカラフルで大胆なカラーに抽象的なパターンデザインが出来上がる。このデザインは、質素なデザインが中心となる時代の中では画期的なデザインだった。

51年、テキスタイルプリントを基盤に製品を展開するために、アルミらは新会社を設立。これが「マリメッコ」(Marimekko)の誕生。

マリメッコという名前には「小さなマリーのためのドレス」という意味がある。

52年、初の直営店をオープン。56年、海外への展開をスタート。60年、アメリカ大統領選挙で、大統領候補、ケネディの夫人のジャクリーンがマリメッコのドレスを好んで着ていることが話題となり、アメリカでも注目される。

初期のデザインは、リーッタ・インモネン、ヴォッコ・ヌルメスニエミ、マイヤ・イソラなどがデザイン。プリントデザイン、アート・ファッションカルチャーにおいて注目を集めることに大いに貢献した。

79年、アルミが死去。85年、フィンランドの企業「アメル・グループ(Amer Group)」に買収される。その後ブランドは低迷。91年、キルスティ・パーッカネン(Kirsti Paakkanen)が率いる会社「ワーキデア(Wirkidea Oy)に買収される。その後、CEOであるパーッカネンの下で再建プロジェクトがスタート。マリメッコは見事に復活を遂げる

2000年代には積極的に若手デザイナーを起用し、オリジナルなライフスタイルの提案するブランドとして定着。マイヤ・イソラのデザインを娘のクリスティーナ・イソラがリメイクしたコレクションも登場した。また、コンペティションの主催となり優秀な若手デザイナーの発掘にも力をいれている。

現在、マリメッコはフィンランド・スウェーデン・ドイツなどに20店以上の直営店を持ち、その他、世界で1000以上のショップで販売されている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.marimekko.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

マリメッコ取り扱い店舗

Data - マリメッコの関連データ

用語: テキスタイル パターン ファブリック

ブランド・デザイナー紹介