menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介

展覧会「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」が、東京・新宿のSOMPO美術館にて、2021年10月2日(土)から12月26日(日)まで開催される。

“新版画”の風景画家・川瀬巴水の回顧展

川瀬巴水《芝増上寺》東京二十景 1925(大正14)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗
川瀬巴水《芝増上寺》東京二十景 1925(大正14)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗

川瀬巴水は、大正から昭和にかけて“新版画”の分野で活躍した版画家だ。新版画とは、江戸時代以来の浮世絵版画に代わる新しい時代の木版画であり、絵師・彫師・摺師の三者が協働する伝統的な木版技術に基づきつつも、絵師の個性をより重視し、海外にも通用する木版表現を追求するものであった。

川瀬巴水《陸奥三島川》旅みやげ第一集 1919(大正8)年 夏 木版、紙 渡邊木版美術画舗
川瀬巴水《陸奥三島川》旅みやげ第一集 1919(大正8)年 夏 木版、紙 渡邊木版美術画舗

とりわけ人気の高かった風景画の代表絵師であった川瀬巴水は、新版画を推進した版元・渡邊庄三郎とともに40年にわたって共作を展開。日本の近代化が進むなかにあって、全国各地を旅し、庶民の生活が息づく四季折々の風景を描き続けた。

川瀬巴水《平泉金色堂》1957(昭和32)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗
川瀬巴水《平泉金色堂》1957(昭和32)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗

展覧会「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」は、川瀬巴水の風景木版画を紹介する回顧展。初期から晩年までの風景木版画約280点を展示し、堅実な写生と抒情豊かな感性が高度な木版技術と融合した独自の作品世界に迫る。

代表的な“シリーズ”を中心に構成

川瀬巴水《馬込の月》東京二十景 1930(昭和5)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗
川瀬巴水《馬込の月》東京二十景 1930(昭和5)年 木版、紙 渡邊木版美術画舗

本展は、まとめて見る機会の少ない“シリーズ(連作)”を中心に構成。巴水の木版画の多くは、故郷である東京や、旅で描いた風景をシリーズに結実させたものだ。会場では、初期を代表する「旅みやげ第一集」や「東京十二題」、《芝増上寺》や《馬込の月》といった人気作を含む「東京二十景」、そして朝鮮旅行での写生から制作された「朝鮮八景」など、代表的なシリーズを可能なかぎり丸ごと展示する。

初期から晩年まで、多彩作品を展示

川瀬巴水《増上寺之雪》1953(昭和28)年  木版、紙 渡邊木版美術画舗
川瀬巴水《増上寺之雪》1953(昭和28)年  木版、紙 渡邊木版美術画舗

加えて、幼少期の巴水にゆかりの深い地であった栃木・塩原を題材とした初期作《塩原おかね路》や、戦後、木版画技術記録事業で制作された《増上寺之雪》、 絶筆である《平泉金色堂》など、初期から晩年までの作品の数々からは、巴水の作風の変化もたどることができそうだ。

展覧会概要

展覧会「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」
会期:2021年10月2日(土)〜12月26日(日) 会期中に一部展示替えあり
[前期 10月2日(土)〜11月14日(日) / 後期 11月17日(水)〜12月26日(日)]
会場:SOMPO美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1
休館日:月曜日、11月16日(火)(展示替えのため)
開館時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)
観覧料:
・オンラインチケット=一般 1,300円、大学生 1,000円
・当日窓口チケット=一般 1,500円、大学生 1,100円
※日時指定入場制(事前に美術館ホームページより日時指定のオンラインチケットを購入、入場無料の場合も日時指定のオンラインチケット(無料)を取得のうえで来館)
※高校生以下、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の所持者とその介助者1名は無料、被爆者健康手帳の所持者は本人のみ無料(いずれも要予約、入場時要証明)
※時間枠の定員に空きがある場合に限り、美術館受付で当日窓口チケットを販売

※画像写真の無断転載を禁ずる。

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(11枚)

新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真1 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真2 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真3 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真4 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真5 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真6 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真7 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真8 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真9 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真10 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真11

Photos(11枚)

新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真1 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真2 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真3 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真4 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真5 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真6 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真7 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真8 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真9 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真10 新版画の風景画家・川瀬巴水の回顧展がSOMPO美術館で、「東京二十景」など風景木版画約280点を紹介|写真11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2022.1.29(土)~2022.3.21(月)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
特別展「上村松園・松篁」山種美術館で - 館蔵の松園・松篁による美人画と花鳥画を一挙公開
2022.2.5(土)~2022.4.17(日) 開催予定
特別展「上村松園・松篁」山種美術館で - 館蔵の松園・松篁による美人画と花鳥画を一挙公開
展覧会「夢二がいざなう大正ロマン」竹久夢二美術館で、抒情画やハイカラな文化を示す資料など約200点
2022.1.29(土)~2022.5.29(日)
展覧会「夢二がいざなう大正ロマン」竹久夢二美術館で、抒情画やハイカラな文化を示す資料など約200点
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも
2022.2.5(土)~2022.2.26(土) 開催予定
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも

スケジュール

展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
「視覚トリップ展」ワタリウム美術館で、アンディ・ウォーホルやオラファー・エリアソンなど作品計160点
2022.1.22(土)~2022.5.15(日)
「視覚トリップ展」ワタリウム美術館で、アンディ・ウォーホルやオラファー・エリアソンなど作品計160点
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展第3期 - 身体感覚に着目、水尻自子と青木千絵の作品を紹介
2022.1.22(土)~2022.5.29(日)
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展第3期 - 身体感覚に着目、水尻自子と青木千絵の作品を紹介
 スケジュール一覧