menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”

長野県立美術館では、展覧会「長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる」を、2021年8月28日(土)から11月3日(水・祝)まで開催する。

「自然と人間」をテーマに近現代の美術作品を紹介

クロード・モネ《睡蓮》1907年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
クロード・モネ《睡蓮》1907年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

「長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる」は、新たな収集方針のひとつである「自然と人間」をテーマに、「森」と「水」を題材とした近現代の美術作品を紹介する展覧会だ。5つの章から構成される会場では、絵画や写真、インスタレーションなど、古今東西の美術作家による多彩な作品を展示し、多面的な自然の姿を展覧する。

第1章:森と山─その姿と暮らし

吉田博《有明山》1920年 長野県立美術館蔵
吉田博《有明山》1920年 長野県立美術館蔵

第1章「森と山─その姿と暮らし」では、吉田博《有明山》をはじめ、自らの足で道の山々を歩き、その姿をうつしとった画家や写真家の作品、そして山や森そのものを普遍的なものと捉える作家による作品を紹介。また、多彩な表情をみせる森や山の中でたくましく生きる人間の姿を題材とした作品も目にすることができる。

第2章:森の幻影

アンリ・ルソー《エデンの園のエヴァ》1906-1910年頃 ポーラ美術館蔵
アンリ・ルソー《エデンの園のエヴァ》1906-1910年頃 ポーラ美術館蔵

神話や聖書を育む場、芸術家の原風景、あるいは作家の内面世界の表出──森林が呼び起こすイメージは、そのように多岐にわたる。第2章では、「森の幻影」をテーマに、アンリ・ルソー《エデンの園のエヴァ》などを展示する。

第3章:水景へ─人々とその諸相

小川芋銭《江村六月、雲巒烟水》1935年 茨城県近代美術館蔵
小川芋銭《江村六月、雲巒烟水》1935年 茨城県近代美術館蔵

人間の生活と不可分な水にまつわる風景は、古来より数多くの美術作品で取り上げられてきた。第3章「水景へ─人々とその諸相」では、近代以降の日本において生みだされた、水のある風景や水の存在を題材とした作品に着目。「山水」のイメージを描く東洋美術の伝統と、西洋美術における「風景」の概念の影響をふまえつつ、小川芋銭《江村六月、雲巒烟水》などの作品を紹介する。

第4章:水の精霊

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《フローラ》1914年頃 郡山市立美術館蔵
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《フローラ》1914年頃 郡山市立美術館蔵

人間の生命に必要不可欠な水は、神話や聖書の世界を表現するさい、神聖さや象徴性を帯びたものとして描かれてきた。また、水自体が有する性質を装飾的ないし記号的に表現することも、イメージの新たな世界を育むことになった。第4章「水の精霊」ではこうした視点から、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《フローラ》などを展示する。

第5章:森と水─息づくものたち

日高理恵子《空との距離 XIII》2017年 作家蔵
日高理恵子《空との距離 XIII》2017年 作家蔵
©Rieko Hidaka, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

第5章「森と水─息づくものたち」では、現代作家がそれぞれの視点から探る、自然と人間の共生のあり方に着目。日高理恵子《空との距離 XIII》や岡村桂三郎《龍-降臨 17-1》をはじめとする作品から、自然と人間とがとり結ぶ関係性を考察する。

展覧会概要

展覧会「長野県立美術館グランドオープン記念 森と水と生きる」
会期:2021年8月28日(土)〜11月3日(水・祝) 会期中に展示替えあり
会場:長野県立美術館 展示室1・2・3
住所:長野県長野市箱清水1-4-4
休館日:水曜日
開館時間:9:00~17:00
観覧料:一般 1,000円(900円)、大学生・75歳以上 800円(700円)、高校生以下・18歳未満 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※東山魁夷館および長野県立美術館名品選との共通料金は、一般1,500円、大学生・75歳以上1,100 円
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の所持者と付添者1名は無料

【問い合わせ先】
長野県立美術館
TEL:026-232-0052

Photos(13枚)

展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真1 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真2 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真3 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真4 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真5 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真6 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真7 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真8 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真9 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真10 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真11 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真12 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真13

Photos(13枚)

展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真1 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真2 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真3 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真4 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真5 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真6 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真7 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真8 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真9 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真10 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真11 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真12 展覧会「森と水と生きる」長野県立美術館で - モネなど近現代の美術作品から探る“自然と人間”|写真13

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品

スケジュール

「庵野秀明展」東京・大阪などで、アニメーター時代~「エヴァンゲリオン」含む現在の創作の秘密を大公開
2021.10.1(金)~2021.12.19(日)
「庵野秀明展」東京・大阪などで、アニメーター時代~「エヴァンゲリオン」含む現在の創作の秘密を大公開
「岩田色ガラスの世界展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で - 色彩豊かな色ガラス作品約60点を展示
2021.10.1(金)~2021.11.14(日)
「岩田色ガラスの世界展」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で - 色彩豊かな色ガラス作品約60点を展示
弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品
2021.10.1(金)~2022.1.30(日)
弘前れんが倉庫美術館で「りんご前線」展、ウィン・エヴァンスのネオン彫刻や“出会い”から生まれる作品
「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開
2021.10.2(土)~2022.1.10(月)
「ジャム・セッション 森村泰昌」アーティゾン美術館で、青木繁《海の幸》に向き合い「自画像的作品」を展開
洋画家・遠藤彰子の個展、平塚市美術館で - 圧倒的なスケール感の大作絵画や各時代の代表作を展示
2021.10.2(土)~2021.12.12(日)
洋画家・遠藤彰子の個展、平塚市美術館で - 圧倒的なスケール感の大作絵画や各時代の代表作を展示
 スケジュール一覧